「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京都立川市・アリーナ立川立飛/本戦9月17~23日/賞金総額79万9000ドル/室内ハードコート)のシングルス準決勝で、第3シードの大坂なおみ(日清食品)がカミラ・ジョルジ(イタリア)を6-2 6-3で下し、決勝に進出した。

 今月のニューヨークでの決勝でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を倒したUSオープン覇者の大坂は、威圧的なサービスでノーシードの対戦相手を圧倒した。彼女は決勝で、第4シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。

 勝利への過程で9本のサービスエースを叩き込んだ大坂は、試合を通して8度あった自分のサービスゲームで合計8ポイントしか落とさなかった。

「今日はサービスが、私を多くのトラブルから救いだしてくれたわ」と大坂はコメントした。

「彼女はすごくいいプレーをしていたけど、サービスが私を助けてくれた。私はすごく決勝に進出したいと思っていたせいか、少しナーバスになっていたの」

 2年前の決勝で、大坂はカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に敗れた。ウォズニアッキは今年の大会で第1シードだったが、木曜日の2回戦でジョルジに番狂わせを許して敗退していた。

 大坂は、今週を通してまだセットを落としていない。

 それに対して決勝の相手となるプリスコバは、劇的なフルセットマッチを3試合切り抜けて、今季2度目の決勝に勝ち上がってきた。この日の準決勝でも、彼女はドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-2 4-6 6-3で破るのに、大いに奮闘しなければならなかった。

 プリスコバはこの前のラウンドで、予選勝者のアリソン・リスク(アメリカ)に対してふたつのマッチポイントを凌いでいた。ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)との初戦でも、2時間5分を必要とする長い戦いを強いられた。

「またも長い試合だったわ!」とプリスコバは試合後に言った。

「試合ごとに調子が上がってきていると感じているけど、(勝ち上がるにつれ)対戦相手もよりタフになる。準決勝ともなると、どんな大会でもそれが普通だわ。簡単な対戦相手なんていやしない」(C)AP(テニスマガジン)

※写真は大坂なおみ(日清食品)
TACHIKAWA, JAPAN - SEPTEMBER 22: Naomi Osaka of Japan celebrates after her victory in the Singles semi final against Camila Giorgi of Italy on day six of the Toray Pan Pacific Open at Arena Tachikawa Tachihi on September 22, 2018 in Tachikawa, Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.