「韓国オープン」(WTAインターナショナル/韓国・ソウル/9月17~23日/25万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝が行われ、第2シードのキキ・バーテンズ(オランダ)とアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)が決勝に勝ち進んだ。

 バーテンズが第3シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)を6-4 6-2で、トムヤノビッチは第6シードのシェイ・スーウェイ(台湾)を6-4 5-7 6-4で下しての勝ち上がり。

 8月にシンシナティ(WTAプレミア5/ハードコート)でキャリア最大のタイトルを獲得したバーテンズは、ハードコートでの2勝目に王手をかけた。

 トムヤノビッチは5月のラバト(WTAプレミア/クレーコート)に続く3度目のWTAツアー決勝で、初のタイトル獲得を目指している。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、バーテンズが1勝0敗でリード。昨年5月にフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)の1回戦で初対戦しており、バーテンズが4-6 6-1 6-1で勝っている。

※写真はUSオープンでのキキ・バーテンズ(オランダ)
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 01: Kiki Bertens of the Netherlands returns the ball during her women's singles third round match against Marketa Vondrousova of Czech Republic on Day Six of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 1, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Al Bello/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.