「タシケント・オープン」(ウズベキスタン・タシケント/9月24~29日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、日比野菜緒(LuLuLun)がユージェニー・ブシャール(カナダ)を6-3 6-3で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間26分。

 今大会に4年連続出場となる日比野は、初参戦から2年連続で決勝に進出し、2015年にWTAツアー初優勝。昨年は2回戦で、カテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)に4-6 5-7で敗れていた。

 この結果で日比野は、ブシャールとの対戦成績を3勝0敗とした。初対戦だった8月のバンクーバー(ITF10万ドル/ハードコート)の準々決勝は3-6 6-1 6-3で、2週間前の広島(WTAインターナショナル/ハードコート)の1回戦では6-4 6-4で、いずれも日比野が勝っていた。

 日比野は2回戦で、第6シードのアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)と予選を勝ち上がったデヤナ・ラダノビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

 昨年の大会で準優勝を飾ったオクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)とのペアでダブルスに第2シードで出場している日比野は、ハンタル・スカムロバ(スロバキア)/エバ・ワカノ(オランダ)との1回戦を控えている。

 そのほかの日本勢は、奈良くるみ(安藤証券)がシングルスで本戦入りしており、初戦の対戦相手は予選勝者のファニ・シュトーラ(ハンガリー)となっている。

 予選に第5シードで出場していた土居美咲(ミキハウス)は、予選決勝で第1シードのアナスタシア・ポタポワ(ロシア)に7-6(5) 3-6 2-6で敗れていた。

 タシケント・オープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

予選結果|日本人選手

予選決勝

●4土居美咲(ミキハウス)[5] 7-6(5) 3-6 2-6 ○1アナスタシア・ポタポワ(ロシア)[1]

予選1回戦

○4土居美咲(ミキハウス)[5] 6-3 6-2 ●3アモンディーヌ・エス(フランス)

上位出場選手シード順位|シングルス

イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)[1]
ベラ・ラプコ(ベラルーシ)[2]
タマラ・ジダンセク(スロベニア)[3]
シュテファニー・フェーゲレ(スイス)[4]

※写真は東レPPOでの日比野菜緒(LuLuLun)
撮影◎佐藤明

This article is a sponsored article by
''.