アメリカ・シカゴで開催された「第2回レーバー・カップ」の最終日は、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がケビン・アンダーソン(南アフリカ)を大接戦の末に退け、〈チーム・ヨーロッパ〉の勝利を決めた。

 ズベレフは最後の5ポイントを連取し、アンダーソンを6-7(3) 7-5 [10-7](※第3セットは10ポイントタイブレーク)で下した。そして彼の勝利が〈チーム・ワールド〉に対する〈チーム・ヨーロッパ〉の13対8での最終的勝利を決定づけることになった。

「言うまでもなく、驚くほど素晴らしい気持ちだ」とズベレフはコメントした。

「仲間たちと〈チーム・ヨーロッパ〉のために勝利を決めた、というのはすごく特別なこと。この終わり方は素晴らしかった」

 今年ウインブルドン決勝で敗れていたアンダーソンは、この日曜日の夜の挫折は、彼だけでなく仲間皆にとっての打撃だった、と言った。

「(チーム戦では個人戦と)違うもののためにプレーしている。チームのために切り抜けることができなかった、と感じるんだよ」とアンダーソンは言った。

 もしアンダーソンが勝っていたら、〈チーム・ワールド〉のニック・キリオス(オーストラリア)が勝負を決める最終シングルスで、ウインブルドン優勝者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦することになっていた。しかし、ズベレフが勝ったことにより、〈チーム・ヨーロッパ〉の勝ち点が13に至ったため、この大一番は必要ではなくなってしまった。

 この試合に先立ち、ロジャー・フェデラー(スイス)は3つのマッチポイントをセーブして、ジョン・イズナー(アメリカ)に6-7(5) 7-6(6) [10-7]で競り勝ち、〈チーム・ヨーロッパ〉を有利な立場に置いていた。

 イズナーは、フェデラーをボディサーブでよろめかせた。この体に食い込むサービスが試合の前半で、グランドスラム大会を20度制した偉人をまごつかせたのである。しかし、フェデラーは体勢を立て直し、第2セットのタイブレークで2つのマッチポイントをしのいだ末に、レーバー・カップで採用されている、勝負を決める10ポイントタイブレークを[10-7] でものにした。

 この日、最初に行われたダブルスでは、イズナー/ジャック・ソック(アメリカ)が、第3セット=10ポイントタイブレークを制し、フェデラー/ズベレフを4-6 7-6 [11-9] で倒していた。

 シカゴのユナイテッド・センターで3日間にわたり、5セッションという形で行われた大会は、9万3584人のファンを引き寄せた。

〈チーム・ヨーロッパ〉は、昨年チェコ・プラハで行われた第1回大会でも優勝していた。来年の第3回大会は、スイス・ジュネーブで行われることが決まっている。(C)AP(テニスマガジン)

〈チーム・ヨーロッパ〉13-8 〈チーム・ワールド〉

勝利毎にDAY1=1ポイント加算、DAY2=2ポイント加算、DAY3=3ポイント加算

DAY1|9月21日(金)

デイセッション

マッチ1(シングルス)

◯グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)6-1 6-4 ●フランシス・ティアフォー(アメリカ)※〈チーム・ヨーロッパ〉1ポイント=1-0

マッチ2(シングルス)

◯カイル・エドマンド(イギリス) 6-4 5-7 [10-6] ●ジャック・ソック(アメリカ)※〈チーム・ヨーロッパ〉1ポイント=2-0

ナイトセッション

マッチ3(シングルス)

◯ダビド・ゴファン(ベルギー)6-4 4-6 [11-9] ●ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)※〈チーム・ヨーロッパ〉1ポイント=3-0

マッチ4(ダブルス)

●ノバク・ジョコビッチ(セルビア)/ロジャー・フェデラー(スイス)7-6(5) 3-6 [6-10] ◯ケビン・アンダーソン(南アフリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)※〈チーム・ワールド〉1ポイント=3-1

DAY2|9月22日(土)

デイセッション

マッチ5(シングルス)

◯アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)3-6 7-6(6) [10-7] ●ジョン・イズナー(アメリカ)※〈チーム・ヨーロッパ〉2ポイント=5-1

マッチ6(シングルス)

◯ロジャー・フェデラー(スイス)6-3 6-2 ●ニック・キリオス(オーストラリア)※〈チーム・ヨーロッパ〉2ポイント=7-1

ナイトセッション

マッチ7(シングルス)

●ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6-7(5) 7-5 [6-10] ◯ケビン・アンダーソン(南アフリカ)※〈チーム・ワールド〉2ポイント=7-3

マッチ8(ダブルス)

●グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)/ダビド・ゴファン(ベルギー)3-6 4-6 ◯ジャック・ソック(アメリカ)/ニック・キリオス(オーストラリア)※〈チーム・ワールド〉2ポイント=7-5

DAY3|9月23日(日)

デイセッション

マッチ9(ダブルス)

●ロジャー・フェデラー(スイス)/アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)6-4 6-7(2) [9-11] ◯ジョン・イズナー/ジャック・ソック(ともにアメリカ)※〈チーム・ワールド〉3ポイント=7-8

マッチ10(シングルス)

◯ロジャー・フェデラー(スイス)6-7(5) 7-6(6) [10-7] ●ジョン・イズナー(アメリカ)※〈チーム・ヨーロッパ〉3ポイント=10-8

マッチ11(シングルス)

◯アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)6-7(3) 7-5 [10-7] ●ケビン・アンダーソン(南アフリカ)※〈チーム・ヨーロッパ〉3ポイント=13-8

マッチ12(シングルス)

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)vs ニック・キリオス(オーストラリア)

マッチ13(ダブルス)

※対戦成績がイーブンの場合、マッチ13(ダブルス)をプレーする予定だった

※写真は第2回レーバー・カップ優勝の〈チーム・ヨーロッパ〉メンバー、お祝いのシャンパンを浴びたあとの記念撮影。順不同。キャプテン◎ビヨン・ボルグ(スウェーデン)、副キャプテン◎トーマス・エンクイスト(スウェーデン)、ロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、ダビド・ゴファン(ベルギー)、カイル・エドマンド(イギリス)、ジェレミー・シャルディ(フランス/補欠)
CHICAGO, IL - SEPTEMBER 23: Team Europe poses with the trophy in the locker room after their Men's Singles match on day three to win the 2018 Laver Cup at the United Center on September 23, 2018 in Chicago, Illinois. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images for The Laver Cup)

This article is a sponsored article by
''.