ウズベキスタン・タシケントで開催されている「タシケント・オープン」(WTAインターナショナル/9月24~29日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、 ユージェニー・ブシャール(カナダ)が敗れた。元ウインブルドン準優勝者にとって、“またも”、の厳しいシーズンは続いている。

 ブシャールの対戦相手は、2015年大会の優勝者である日比野奈緒(LuLuLun)。ブシャールは日比野に対し、第2セット序盤にブレークを果たして一時リードしたにも関わらず、結局3-6 3-6で敗れた。

 ふたりは今年、8月のバンクーバー(ITF10万ドル/ハードコート)の準々決勝で初対戦し、3-6 6-1 6-3で日比野が勝利、さらに広島(WTAインターナショナル/ハードコート)の1回戦でも6-4 6-4で日比野が勝っていた。

 日比野は次のラウンドで、第6シードのアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)と対戦する。 シュミドローバは、予選勝者のデヤナ・ラダノビッチ(セルビア)を6-3 6-0で倒した。

 また、第4シードのシュテファニー・フェーゲレ(スイス)は、17歳のアナスタシア・ポタポワ(ロシア)に6-4 6-7(3) 3-6で競り負けた。第5シードのタチアナ・マリア(ドイツ)はナタリア・ビクトリアンセワ(ロシア)を6-1 6-2で下した。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はユージェニー・ブシャール(カナダ)、9月18日東レPPOで撮影
TACHIKAWA, JAPAN - SEPTEMBER 18: Eugenie Bouchard of Canada plays a forehand against Alison Riske United States during their WomenÕs singles first round match on day two of the Toray Pan Pacific Open at Arena Tachikawa Tachihi on September 18, 2018 in Tachikawa, Tokyo, Japan. (Photo by Takashi Aoyama/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.