「平成30年度 夏季中国四国学生テニス選手権大会」(広島県広島市・広域公園テニスコート/本戦 9月19~26日/ハードコート)の本戦5日目は、男女シングルス準決勝および男子ダブルス準決勝と女子ダブルス決勝が行われた。

 女子ダブルスは、藤原瑠音/向井菜々帆(ノートルダム清心女子大学1年/1年)が第3~4シードの濱田千波/羽坂瑞紀(岡山大学3年/3年)を4-6 7-5 [10-7]で下して優勝を果たした。

 夏季中国四国学生テニス選手権大会は、男子シングルス64ドロー、女子シングルス32ドロー、男子ダブルス32ドロー、女子ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス準決勝

○1井上友(広島大学)[2] 6-2 6-1 ●32井上幹基(山口大学)[9-12]

○49熊木隆(松山大学)[5-8] 6-0 6-1 ●33橘高凱(松山大学)[5-8]

女子シングルス準決勝

○1岡田優香(広島修道大学)[1] 6-0 6-3 ●9平野友理(広島修道大学)[3-4]

○24濱田千波(岡山大学)[3-4] 6-2 6-2 ●32大政ひとみ(愛媛大学)[2]

男子ダブルス準決勝

○1日浦/井上(広島大学)[1] 6-4 6-3 ●9熊木/橘高(松山大学)[3-4]

○25濱永/武田(松山大学)[5-8] 6-3 6-3 ●19木村/盛谷(岡山大学)

女子ダブルス決勝

○3藤原/向井(ノートルダム清心女子大学)4-6 7-5 [10-7] ●9濱田/羽坂(岡山大学)[3-4]

※写真は女子ダブルス優勝の藤原瑠音(右)/向井菜々帆(ノートルダム清心女子大学1年/1年)
写真提供◎中国四国テニス連盟

This article is a sponsored article by
''.