新フォーマットで行われる来年の男子世界国別対抗戦「デビスカップ」。

 2019年2月、まず24ヵ国が、2ヵ国間のホーム&アウェー方式で一斉に予選ラウンドを戦い、勝者の12ヵ国は次に、11月のファイナルズに進出することができる。

 日本は中国と、アウェーで予選を戦うことになった。

 デビスカップ・ファイナルズは2019年11月18日から24日まで、1ヵ所で行われる(後日アナウンス)。予選を勝ち上がった12ヵ国のほか、前年度(2018年)のデビスカップ準決勝進出国、フランス、クロアチア、スペイン、アメリカの4ヵ国を加え、さらに、ワイルドカード(主催者推薦枠)でイギリスとアルゼンチンが出場権を得た。イギリスは2015年大会の優勝国で、アルゼンチンは2016年大会の優勝国だ。

 合計18ヵ国は、3チームごとに6つのグループに分かれ、ラウンドロビン(総当たり戦)を戦う。各国対戦はシングルス2試合+ダブルス1試合の3ポイント制。

 各グループ1位の6ヵ国と、2位の中で成績がよかった2ヵ国の合計8ヵ国は、今度はトーナメント方式の準々決勝へ駒を進めることになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はイメージ(Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.