「武漢オープン」(WTAプレミア5/中国・武漢/9月23~29日/賞金総額274万6000ドル/ハードコート)のダブルス準々決勝で、青山修子(近藤乳業)/リジヤ・マロザバ(ベラルーシ)が第1シードのティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を6-2 7-5で破り、ベスト4進出を果たした。試合時間は1時間11分。

 両ペアは8月にシンシナティ(WTAプレミア5/ハードコート)の2回戦で対戦しており、バボス/ムラデノビッチが7-5 7-6(2)で勝っていた。バボス/ムラデノビッチは1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でタイトルを獲得し、先のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では準優勝を飾っていた。

 マロザバと青山は、今大会が4度目のダブルス出場。初めてペアを組んで臨んだ8月のモントリオール(WTAプレミア5/ハードコート)では、8強入りしていた。

 昨年の大会にヤン・ザオシャン(中国)とのペアで臨んだ青山は、WTAプレミア5の大会での自己最高となる準優勝を果たしていた。

 今大会での青山/マロザバは、1回戦でナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/アナスタシア・ラディオノワ(オーストラリア)を6-4 6-3で、2回戦ではエレナ・オスタペンコ(ラトビア)/アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)を6-4 6-2で破ってベスト8進出を決めていた。

 青山/マロザバは準決勝で、第4シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)と第6シードのエリース・メルテンス(ベルギー)/デミ・シヒュース(オランダ)の勝者と対戦する。

※写真は昨年の大会での青山修子(近藤乳業)
WUHAN, CHINA - SEPTEMBER 30: Shuko Aoyama of Japan in action in Finals Double match between Yung-Jan Chan of Chinese Taipei and Martina Hingis of Switzerland and Shuko Aoyama of Japan and Zhaoxuan Yang of China on September 30, 2017 in Wuhan, China. (Photo by Kevin Lee/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.