「成都オープン」(ATP250/中国・四川省成都/9月24~30日/賞金総額118万3360ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、第1シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)がテイラー・フリッツ(アメリカ)を6-7(5) 6-0 6-3で下し、今年4度目となるATPツアー決勝に進出した。

 もしフォニーニが決勝で、予選から勝ち上がったバーナード・トミック(オーストラリア)を倒せば、彼は1シーズンに4度ツアー優勝を果たした初のイタリア人プレーヤーとなる。

 第1セットをタイブレークの末に落としたあと、フォニーニは続く2セットで6度フリッツのサービスゲームをブレークし、試合の残りを軽快に走り抜けた。

 サービスゲームで相手を圧倒したトミックは、第7シードのジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-4 6-4で退けた。トミックは12本のサービスエースを記録し、ファーストサーブからのポイントの83%を取った。

 トミックにとってこれは、2016年2月のアカプルコ以来の決勝進出となる。彼が最後にタイトルを勝ち獲ったのは、2015年のボゴタでのことだった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はUSオープンでのファビオ・フォニーニ(イタリア)
NEW YORK, NY - AUGUST 30: Fabio Fognini of Italy returns the ball during his men's singles second round match against John Millman of Australia on Day Four of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 30, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.