明日10月1日から本戦がスタートする「楽天ジャパンオープン」。第3シードで出場する錦織圭(日清食品)が会場となる武蔵野の森総合スポーツプラザで記者会見を行い、大会への意気込みを語った。

 2年ぶりの楽天ジャパンオープン。日本のファンの前で、どういったプレーを見せたいですか?という質問には「この質問、一番困るんですけど…」と苦笑しながら、「自分らしいプレーを見せられればなと思います。昨年プレーができなかった分、今年は楽しみにしていました」と答えた。

 狙うはもちろん4年ぶり3度目の優勝。「体調は問題ない。いつもより過密(なスケジュール)ではあるので、心配はあるけれど大丈夫。USオープンから、気持ちがさらにポジティブになり、いい試合もできているので自信もつき、メンタル的にもいい状態」と現在の状況を話した。

 今回の会場は「慣れ親しんだ有明」ではない。コートサーフェスについては「ちょっと速いくらい」という感想で、「バウンドは普通ですけど、欲を言えば、もうちょっと遅いほうが自分には合っている。つないでいるだけではなかなか勝てないコート。攻撃的なプレーが必要になる」と自分に言い聞かせるように話した。

画像: 明日の試合に備え、会場で練習する錦織

明日の試合に備え、会場で練習する錦織

 現在の目標はポイント上位8人のみが出場できるツアーファイナル。「残り4大会で、できればいい結果を残して頑張りたい」と言う。だが「出られなくても今年は充実した1年でしたし、ケガから復帰してこれまで早く戻ってこられたのは自分の中でも充実感があります」と強い口調で答えた。

 明日の1回戦の相手は杉田祐一(三菱電機)。「彼とは今年、同じ大会をずっと回っていたり、いつかは当たるだろうなと思っていましたが、何もそれが日本でなくても」と答えたあと、「いっしょに戦ってきた仲間であり、いいライバル。お互いに、いい試合、いいテニスができればうれしい」と口にした。

※トップ写真は、記者会見での錦織圭(日清食品)

撮影◎菅原 淳

This article is a sponsored article by
''.