ITF(国際テニス連盟)の女子6万ドル大会「ダーウィン・テニス国際」(オーストラリア・ダーウィン/9月24~30日/ハードコート)のダブルス決勝で、第4シードのルトゥジャ・ボサレ(インド)/桑田寛子(島津製作所)がキンバリー・ビレル(オーストラリア)/ケイティ・ダン(イギリス)を6-2 6-4で破り、優勝を果たした。試合時間は1時間10分。

 桑田とボサレは、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。桑田はダブルスで、今季初タイトルを獲得した。

 今大会でのボサレ/桑田は、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のガブリエラ・ダ シルバ フィック/サラ・トミック(ともにオーストラリア)を6-4 1-6 [10-7]で、準々決勝で予選勝者のジョディー アンナ・バレージ/フレイア・クリスティ(ともにイギリス)を1-6 6-2 [10-7]で、準決勝ではアルディラ・ストジアディ(インドネシア)/オリビア・タンドラモリア(オーストラリア)を6-0 7-6(5)で下して決勝進出を決めていた。

 シングルスには日本勢7人が本戦に出場したが、加治遥(島津製作所)のベスト8が最高成績だった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス準々決勝

●29加治遥(島津製作所)7-6(5) 1-6 6-7(5) ○27ネイクザ・ベインズ(オーストラリア)[WC]

シングルス2回戦

○29加治遥(島津製作所)6-3 6-3 ●31リー・ヤーシュエン(台湾)

●15岡村恭香(橋本総業ホールディングス)[Q] 4-6 0-6 ○14ズザナ・ズロコバ(スロバキア)[Q]

シングルス1回戦

●17穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)[7] 4-6 2-6 ○18リン・ジャン(香港)

●4美濃越舞(YCA)6-7(2) 6-7(4) ○3ジョージア・ブレシア(イタリア)

●12桑田寛子(島津製作所)2-6 6-4 4-6 ○11ゾーイ・ハイブス(オーストラリア)

●6尾﨑里紗(江崎グリコ)4-6 1-6 ○5キンバリー・ビレル(オーストラリア)

○29加治遥(島津製作所)6-1 6-1 ●30ケイラ・マクフィー(オーストラリア)[WC]

●20瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)2-6 6-7(6) ○19シュー・シリン(中国)

○15岡村恭香(橋本総業ホールディングス)[Q] 6-4 6-4 ●16ケイティ・ダン(イギリス)[6]

ダブルス決勝

○5ルトゥジャ・ボサレ/桑田寛子(インド/島津製作所)[4] 6-2 6-4 ●9キンバリー・ビレル/ケイティ・ダン(オーストラリア/イギリス)

ダブルス準決勝

○5ルトゥジャ・ボサレ/桑田寛子(インド/島津製作所)[4] 6-0 7-6(5) ●3アルディラ・ストジアディ/オリビア・タンドラモリア(インドネシア/オーストラリア)

ダブルス準々決勝

○5ルトゥジャ・ボサレ/桑田寛子(インド/島津製作所)[4] 1-6 6-2 [10-7] ●8ジョディー アンナ・バレージ/フレイア・クリスティ(イギリス)[Q]

ダブルス1回戦

○5ルトゥジャ・ボサレ/桑田寛子(インド/島津製作所)[4] 6-4 1-6 [10-7] ●6ガブリエラ・ダ シルバ フィック/サラ・トミック(オーストラリア)[WC]

●4ジョージア・ブレシア/瀬間詠里花(イタリア/橋本総業ホールディングス)4-6 2-6 ○3アルディラ・ストジアディ/オリビア・タンドラモリア(インドネシア/オーストラリア)

●15美濃越舞/岡村恭香(YCA/橋本総業ホールディングス)1-6 3-6 ○16アリソン・ベイ/アビゲイル・テレ アピサー(オーストラリア/パプアニューギニア)[2]

●7ユキ クリスティーナ・チャン/加治遥(アメリカ/島津製作所)2-6 2-6 ○8ジョディー アンナ・バレージ/フレイア・クリスティ(イギリス)[Q]

●10鮎川真奈/上田らむ(エームサービス/ノア・インドアステージ)6-4 2-6 [1-10] ○9キンバリー・ビレル/ケイティ・ダン(オーストラリア/イギリス)

●13内島萌夏/リン・ジャン(昭和の森ジュニアテニススクール/香港)3-6 6-7(3) ○14ジェイミー・フォーリス/サマンサ・ハリス(オーストラリア)[WC]

※写真は昨年の岐阜の大会での桑田寛子(島津製作所)
撮影◎太田裕史

This article is a sponsored article by
''.