ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「CAL-COMP AND XYZ PRINTING ITFプロ・サーキット・シリーズ 1.5万ドル #M1」(タイ・ホアヒン/9月24~30日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第2シードの今井慎太郎(イカイ)が竹内研人(北日本物産)を6-2 4-6 6-3で倒して優勝を果たした。試合時間は2時間37分。

 今井がフューチャーズ大会のシングルスでタイトルを獲得したのは、昨年7月の香港(ITF1.5万ドル/ハードコート)以来で通算4勝目となる。

 今大会での今井は、1回戦でMatic SPEC(スロベニア)を7-6(4) 6-3で、2回戦でコンサップ・コンカール(タイ)を6-4 6-3で、準々決勝では第8シードの守谷総一郎(あきやま病院)を6-1 7-6(5)で破り、準決勝は第4シードのパスカル・マイス(ドイツ)の途中棄権で決勝進出を決めていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

上位の試合結果

シングルス決勝

○32今井慎太郎(イカイ)[2] 6-2 4-6 6-3 ●3竹内研人(北日本物産)

シングルス準決勝

○3竹内研人(北日本物産)7-6(3) 6-0 ●14カルヌデ・シン(インド)

○32今井慎太郎(イカイ)[2] 7-5 Ret. ●24パスカル・マイス(ドイツ)[4]

シングルス準々決勝

○3竹内研人(北日本物産)6-4 6-2 ●5ファン・ツン ハオ(台湾)[Q]

○14カルヌデ・シン(インド)6-2 7-6(3) ●9田沼諒太(ワールド航空サービス)[3]

○24パスカル・マイス(ドイツ)[4] 6-4 7-5 ●17シッダールト・ラワット(インド)[5]

○32今井慎太郎(イカイ)[2] 6-1 7-6(5) ●25守谷総一郎(あきやま病院)[8]

ダブルス決勝

○16フランシス ケーシー・アルカンタラ/カルヌデ・シン(フィリピン/インド)[2] 6-3 7-5 ●4Nuttanon KADCHAPANAN/Palaphoom KOVAPITUKTED(タイ)

ダブルス準決勝

○4Nuttanon KADCHAPANAN/Palaphoom KOVAPITUKTED(タイ)6-3 7-5 ●5守谷総一郎/竹内研人(あきやま病院/北日本物産)[3]

○16フランシス ケーシー・アルカンタラ/カルヌデ・シン(フィリピン/インド)[2] 6-3 6-4 ●12プルチャ・イサロ/ケルシー・スティーブンソン(タイ/カナダ)[4]

※写真は昨年の全日本選手権での今井慎太郎(イカイ)
撮影◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.