「チャイナ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/中国・北京/9月29日~10月7日/賞金総額828万5274ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、USオープン優勝者の大坂なおみ(日清食品)、世界2位のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、東レPPO優勝のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)らが初戦を突破した。

 第8シードの大坂が予選勝者のザリナ・ディアス(カザフスタン)を6-4 6-3で、第2シードのウォズニアッキがべリンダ・ベンチッチ(スイス)を6-2 6-3で、第7シードのプリスコバはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を6-4 6-4で倒した。それぞれストレート勝利だ。

 大坂は次の2回戦で、土曜日に勝ち上がりを決めていたダニエル・コリンズ(アメリカ)と対戦する。

 昨年のウインブルドンで優勝して以来、パフォーマンスに安定性を欠いている第14シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)はエカテリーナ・マカロワ(ロシア)を6-0 6-4で下し、無事2回戦に駒を進めた。

 この日、数少なかったシードダウンとしては、第15シードのエリース・メルテンス(ベルギー)がジャン・シューアイ(中国)に1-6 6-3 3-6で敗れた。

 そのほか、カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)、予選勝者のカテリーナ・シニアコバ(チェコ)、アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)、ペトラ・マルティッチ(クロアチア)らが、いずれもストレート勝利で1回戦をクリアしている。

 また、この日は2回戦も行われ、第10シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)が6-4 4-6 2-2としたところで対戦相手のレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)が背中の故障で棄権したため、試合を終えずして3回戦進出を決めた。

 アナスタシア・セバストワ(ラトビア)は第17シードのマディソン・キーズ(アメリカ)が試合前に棄権したため、不戦勝で3回戦に進んだ。キーズは武漢オープンでも左膝の故障のため棄権を強いられていた。

 東レPPOで4強入りを果たしたドナ・ベキッチ(クロアチア)も2回戦を戦い、予選勝者のオンス・ジャバー (チュニジア)を7-6(5) 6-4で下して3回戦に進んだ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は大坂なおみ(日清食品)
BEIJING, CHINA - OCTOBER 01: Naomi Osaka of Japan attends a press conference after against Zarina Diyas of Kazakhstan during their Woen's Singles 1nd Round match of the 2018 China Open at the China National Tennis Centre on October 1, 2018 in Beijing, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.