「第73回 国民体育大会 福井しあわせ元気国体 テニス競技」(9月30日~10月3日/成年の部:福井市わかばテニスコート/砂入り人工芝コート、少年の部:福井県営テニス場/ハードコート)は大会最終日を迎え、成年男女と少年男女の決勝および各順位決定戦が行われた。

 少年男子決勝は第6シードの埼玉県が第4シードの神奈川県を2勝0敗で、少年女子決勝は第1シードの愛知県が埼玉県を2勝1敗で破り、それぞれ優勝を果たした。

 少年男子3・4位決定戦は第7シードの東京都が第5シードの兵庫県を2勝1敗で、少年女子3・4位決定戦は千葉県が第2シードの神奈川県を2勝1敗で下して3位入賞を決めている。

 国体テニス競技は都道府県対抗チーム戦で、成年男女各32チーム、少年男女各47チームで争われた。

※都道府県名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

少年男子|決勝

12埼玉県[6] 2-0 36神奈川県[4]

S1 ○齋藤惠佑 8-3 ●松田康希
S2 ○松下龍馬 8-6 ●田中瑛大
D 齋藤/松下 打切 松田/田中

少年男子|3・4位決定戦

24東京都[7] 2-1 37兵庫県[5]

S1 ○丹下将太 8-5 ●阿多竜也
S2 ●渡部将伍 4-8 ○東竜平
D ○丹下/渡部 9-7 ●阿多/東

少年男子|5・6位決定戦

1千葉県[1] 2-0 25岐阜県[8]

S1 ○白石光 8-4 ●石榑元晴
S2 ○坂川広樹 8-4 ●宮嶋かまち
D 白石/坂川 打切 石榑/宮嶋

少年男子|7・8位決定戦

13愛知県[3] 1-2 44大分県

S1 ●池田朋弥 6-8 ○野田成佑
S2 ○影山太星 8-6 ●田口涼太郎
D ●池田/影山 6-8 ○野田/田口

少年女子|決勝

1愛知県[1] 2-1 30埼玉県

S1 ●永田杏里 4-8 ○輿石亜佑美
S2 ○阿部宏美 8-6 ●伊藤汐里
D ○永田/阿部 8-4 ●輿石/伊藤

少年女子|3・4位決定戦

21千葉県 2-1 48神奈川県[2]

S1 ●宮本愛弓 3-8 ○小林ほの香
S2 ○西郷里奈 8-5 ●川岸七菜
D ○宮本/西郷 8-1 ●小林/川岸

少年女子|5・6位決定戦

7三重県 2-0 42広島県

S1 ○吉岡希紗 8-5 ●酒井凜
S2 ○原田真実子 8-3 ●丸古陽女
D 吉岡/原田 打切 酒井/丸古

少年女子|7・8位決定戦

13福井県[3] 2-0 36東京都[4]

S1 ○押川千夏 8-5 ●齊藤唯
S2 ○吉田華菜子 8-5 ●神鳥舞
D 押川/吉田 打切 齊藤/神鳥

This article is a sponsored article by
''.