「楽天ジャパンオープン」(ATP500/東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ/本戦10月1~7日/賞金総額192万8580ドル/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)はニック・キリオス(オーストラリア)に5-7 6-7(3)で敗れた。試合時間は1時間13分。

 今大会に2年ぶり3度目の出場となった西岡は、大会初勝利を挙げることはできなかった。前回プレーした2016年は、1回戦でダビド・ゴファン(ベルギー)に5-7 2-6で敗れていた。今年の大会には、ワイルドカード(主催者推薦枠)を得て本戦入りしていた。

 ともに1995年生まれで23歳のキリオスと西岡。この結果でキリオスは、西岡との対戦成績を3勝0敗とした。前回の対戦は2016年8月のアトランタ(ATP250/ハードコート)の準決勝で、キリオスが6-3 3-6 6-3で勝っていた。

 昨年3月にマイアミ(ATP1000/ハードコート)の2回戦で左膝を負傷して4月上旬に前十字靭帯の手術を受けた西岡は、前週の深圳(ATP250/ハードコート)で日本人として史上5人目となるATPツアー優勝を果たしたばかり。予選から7試合を勝ち抜き、一時380位まで落とした世界ランクを95位に戻して今大会を迎えていた。

 キリオスは2回戦で、第8シードのリシャール・ガスケ(フランス)と対戦する。ガスケは1回戦で、予選勝者のデニス・クドラ(アメリカ)を7-6(8) 6-3で下しての勝ち上がり。

 西岡は上杉海斗(江崎グリコ)とのペアでダブルスにも出場しており、ジョー・ソールズベリー(イギリス)/内山靖崇(北日本物産)とのワイルドカード同士の1回戦を控えている。

※写真は西岡良仁(ミキハウス)
CHOFU, JAPAN - OCTOBER 03: Yoshihito Nishioka of Japan plays a fourhand in the Singles first round against Nick Kyrgios of Australia on day three of the Rakuten Open at Musashino Forest Sports Plaza on October 3, 2018 in Chofu, Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.