中国・北京で開催されている「チャイナ・オープン」(ATP500/10月1~7日/賞金総額465万8510ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、第3シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)がドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)に4-6 6-2 4-6で敗れる番狂わせが起きた。

 第3セット4-4から世界ランク55位のラヨビッチは、ディミトロフのサービスでダブルフォールトにも助けられブレークに成功。それから4ポイントを連取して続く自分のサービスをキープし、1時間51分で試合を終わらせた。

 そのほかの試合では、第5シードのカイル・エドマンド(イギリス)が予選勝者のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を7-5 6-7(2) 7-5で、フィリップ・クライノビッチ(セルビア)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したフェリシアーノ・ロペス(スペイン)を7-6(5) 6-3で、第1シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)はカレン・ハチャノフ(ロシア)を6-4 7-6(4)で下し、それぞれ準々決勝に駒を進めた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はグリゴール・ディミトロフ
BEIJING, CHINA - OCTOBER 03: Grigor Dimitrov of Bulgaria hits a return against Dusan Lajovic of Serbia during their Men's Singles 2nd Round match of the 2018 China Open at the China National Tennis Centre on October 3, 2018 in Beijing, China. (Photo by Zhe Ji/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.