「ロレックス上海マスターズ」(ATP1000/中国・上海/10月7~14日/賞金総額921万9970ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、世界ランク42位のジェレミー・シャルディ(フランス)がマクミリアン・マルテレル(ドイツ)を6-3 7-6(5)で破り、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に対するキャリア12度目――シャルディ自身は15回目だと思っていた――の対戦を実現させた。

 シャルディは、今年のウインブルドンとUSオープンのチャンピオンであるジョコビッチに対していったい何度負けたか、もはやはっきり覚えていない。とにかく、非常に多くの回数だ。

 両者のここまでの11度の対戦で、ジョコビッチはプレーした26セットのすべてを奪っている。

「僕はまだ、カギを見つけていない。だから、例えやられたとしても、何か違ったことを試そうと思っているよ」とシャルディは笑いながら言った。

「これだけ何度も対戦して1セットも取れていないから勝てると信じることは難しいけど、前回のプレーの仕方は、うまく機能しなかった。すでに様々なことを試したと感じているよ。いいアイデアがあれば、聞きたいくらいさ」

 シャルディはマルテレルとの試合で、相手に許した3つのブレークポイントをすべてセーブした。

「ここのコートは本当に速い。驚いたよ。ツアーでこれだけ速いコートにお目にかかったことはないと思うよ」とシャルディは言った。

「もしかするとそれが、(ジョコビッチとの対戦で)僕を助けてくれるかもしれない」

 そのほかの試合では、カレン・ハチャノフ(ロシア)、ニコラス・ジャリー(チリ)、ペーター・ゴヨブチック(ドイツ)が2回戦に進出。第12シードのジャック・ソック(アメリカ)は、ゴヨブチックに4-6 7-6(6) 3-6で敗れた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はジェレミー・シャルディ(フランス)
SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 07: Jeremy Chardy of France serves to Maximillian Marterer of Germany during their match in 2018 Rolex Shanghai Masters on Day 1 at Qi Zhong Tennis Centre on October 7, 2018 in Shanghai, China. (Photo by Kevin Lee/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.