ITF(国際テニス連盟)の女子2.5万ドル大会「オビドス女子オープン選手権」(ポルトガル・オビドス/10月1~7日/砂入り人工芝コート)のダブルス決勝で、第2シードのナタリア・コスティッチ(セルビア)/大前綾希子(島津製作所)が第4シードのディアナ・マルチンケビカ(ラトビア)/パンナ・アドゥヴァーディ(ハンガリー)を6-3 4-6 [10-7]で倒し、優勝を果たした。試合時間は1時間20分。

 大前がITF女子サーキットのダブルスでタイトルを獲得したのは、ヨウ・シャオディ(中国)とのペアで出場した8月の筑波(ITF2.5万ドル/ハードコート)以来で今季4勝目となる。

 今大会でのコスティッチ/大前は、1回戦でレナ・グライナー(ドイツ)/ジュリタ・ザーナー(スウェーデン)を7-5 6-2で下し、準々決勝はクリスティーナ・ブクサ(スペイン)/リネア・マルムクイスト(スウェーデン)の棄権による不戦勝で勝ち上がり、準決勝ではリサ・サビーノ/ダリラ・スピテリ(スイス/イタリア)を1-6 6-3 [10-7]で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスの日本勢は、第6シードの今西美晴(島津製作所)と予選を勝ち上がった大前が出場していたが、いずれも初戦敗退に終わっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス1回戦

●17今西美晴(島津製作所)[6] 7-5 7-6(6) ○18ガイア・サネシ(イタリア)

●19大前綾希子(島津製作所)[Q] 6-2 6-2 ○20ヌリア・パリザス ディアス(スペイン)

ダブルス決勝

○16ナタリア・コスティッチ/大前綾希子(セルビア/島津製作所)[2] 6-3 4-6 [10-7] ●5ディアナ・マルチンケビカ/パンナ・アドゥヴァーディ(ラトビア/ハンガリー)[4]

ダブルス準決勝

○16ナタリア・コスティッチ/大前綾希子(セルビア/島津製作所)[2] 1-6 6-3 [10-7] ●10リサ・サビーノ/ダリラ・スピテリ(スイス/イタリア)

ダブルス準々決勝

○16ナタリア・コスティッチ/大前綾希子(セルビア/島津製作所)[2] 不戦勝 ●13クリスティーナ・ブクサ/リネア・マルムクイスト(スペイン/スウェーデン)

ダブルス1回戦

○16ナタリア・コスティッチ/大前綾希子(セルビア/島津製作所)[2] 7-5 6-2 ●15レナ・グライナー/ジュリタ・ザーナー(ドイツ/スウェーデン)

※写真は昨年の全日本選手権での大前綾希子(島津製作所)
撮影◎井出秀人

This article is a sponsored article by
''.