大学テニスの日本一を決める団体戦「平成30年度 全日本大学対抗テニス王座決定試合(男子72回/女子54回)」(愛媛県松山市・愛媛県総合運動公園テニスコート/10月10~14日/ハードコート)が、11日(木)に開幕する。

 組み合わせはすでに決まっており、初日は男女1回戦(各2試合)と男女2回戦(各1試合)が行われる予定となっている。練習日となっている10日(水)は、開会式が行われる。

 「大学王座」は地域リーグを勝ち抜いた男女各10校が集い、男子は複3、単6の計9ポイント、女子は複2、単3の計5ポイントで団体戦を戦う。トーナメント制。

※大学名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子1回戦

2松山大学(中国四国地区)vs 3信州大学(北信越地区)

8中京大学(東海地区)vs 9東北大学(東北地区)

男子2回戦

1早稲田大学(関東地区第1)[1] vs 松山大学と信州大学の勝者

4北海学園大学(北海道地区)vs 5関西大学(関西地区第1)[4]

6近畿大学(関西地区第1)[3] vs 7鹿屋体育大学(九州地区)

中京大学と東北大学の勝者 vs 10慶應義塾大学(関東地区第2)[2]

女子1回戦

2松山大学(中国四国地区)vs 3北海道大学(北海道地区)

8信州大学(北信越地区)vs 9仙台大学(東北地区)

女子2回戦

1早稲田大学(関東地区第1)vs 松山大学と北海道大学の勝者

4鹿屋体育大学(九州地区)vs 5関西大学(関西地区第1)[3]

6園田学園女子大学(関西地区第2)[4] vs 7中京大学(東海地区)

信州大学と仙台大学の勝者 vs 10亜細亜大学(関東地区第2)[2]

This article is a sponsored article by
''.