中国・上海で開催されている「ロレックス上海マスターズ」(ATP1000/10月7〜14日/賞金総額921万9970ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がジェレミー・シャルディ(フランス)を6-3 7-5で倒し、初戦を突破した。

 世界ランク41位のシャルディとジョコビッチの対戦は今回が12回目で、ジョコビッチの12連勝。まだセットも落としたことがなく、28セット連続取得となった。

「僕のベストの状態に限りなく近い」と言うジョコビッチは、ウインブルドンとUSオープンでの優勝に続く、上海マスターズで大会4度目のタイトル獲得を目指す。

 第5シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と第6シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は、ともに初戦(2回戦)で敗れた。

 チリッチは48位のニコラス・ジャリー(チリ)に対し、第3セット5-4のサービスゲームを落として6-2 6-7(6) 5-7の逆転負けを喫した。

 世界ランク51位のマシュー・エブデン(オーストラリア)と2時間37分の試合を戦ったティームは、4-6 7-6(3) 6-7(5)で敗れた。エブデンのキャリアで、この勝利は最高位選手に対するものとなる。ティームは今回が4度目の上海マスターズだが、いまだ2回戦を突破できていない。

 先週のチャイナ・オープンでフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)を破り、キャリア2度目の優勝を飾ったばかりのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)は、同じく先週の楽天ジャパンオープンで自身最高成績のツアー4強入りを果たした19歳のデニス・シャポバロフ(カナダ)を6-2 6-2で破り、好調なスタートを切った。彼は次の2回戦で、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。

 26歳のバシラシビリは先週のタイトル獲得で、キャリア最高の23位をマークした。彼は過去に出場した3度の上海では予選をプレーしていて、2015年と2017年には本戦出場を果たしたものの1回戦で敗れていた。

 楽天ジャパンオープン優勝のダニール・メドベデフ(ロシア)は1回戦を戦い、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジャン・ザ(中国)に苦労しながらも3-6 7-6(6) 6-4で勝った。

 予選を勝ち上がったブノワ・ペール(フランス)は、第15シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を6-3 6-4で破って2回戦に進出。そのほか、第11シードのカイル・エドマンド(イギリス)、リシャール・ガスケ(フランス)、チョン・ヒョン(韓国)、アレックス・デミノー(オーストラリア)、ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)が1回戦を突破した。

 第13シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)とペーター・ゴヨブチック(ドイツ)は、ひと足早く3回戦に勝ち進んでいる。

 日本の錦織圭(日清食品)は第8シードを付け、水曜日にワイルドカードで出場の18歳、ウー・イービン(中国)と初戦の2回戦を戦う。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 09: Novak Djokovic of Serbia celebrates after defeating Jeremy Chardy of France during First Round in 2018 Rolex Shanghai Masters on Day 3 at Qi Zhong Tennis Centre on October 9, 2018 in Shanghai, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.