大学テニスの日本一を決める団体戦「平成30年度 全日本大学対抗テニス王座決定試合(男子72回/女子54回)」(愛媛県松山市・愛媛県総合運動公園テニスコート/10月10~14日/ハードコート)が開幕し、男女1回戦(各2試合)と男女2回戦(各1試合)が行われた。

 競技は10日(水)から始まる予定だったが、雨天により順延となっていた。

 「大学王座」は地域リーグを勝ち抜いた男女各10校が集い、男子は複3、単6の計9ポイント、女子は複2、単3の計5ポイントで団体戦を戦う。トーナメント制。

※大学名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、丸数字は学年

男子1回戦

2松山大学(中国四国地区)7-2 3信州大学(北信越地区)
(複 2-1、単 5-1)

D1 ●濱永虎之介①/武田大輝① 2-6 6-7(2) ○大岩悠樹③/渥美拓海③
D2 ○平田龍一④/三好悦史② 6-1 6-0 ●土屋俊介③/金子歩夢①
D3 ○熊木隆④/相原克哉② 6-1 5-7 6-2 ●千村直④/川野辺碧①
S1 ○平田龍一④ 6-1 6-2 ●渥美拓海③
S2 ○相原克哉② 6-2 6-3 ●土屋俊介③
S3 ○平野孔基③ 7-5 6-2 ●大岩悠樹③
S4 ○熊木隆④ 3-6 6-0 6-3 ●金子歩夢①
S5 ○橘高凱④ 1-6 6-4 6-2 ●川野辺碧①
S6 ●鈴木晟士③ 1-6 6-4 3-6 ○千村直④

8中京大学(東海地区)9-0 9東北大学(東北地区)
(複 3-0、単 6-0)

D1 ○大塚真樹②/田中瞭良④ 6-1 6-1 ●三輪周平③/峰直希③
D2 ○根木聖③/鈴木拓希② 6-1 6-1 ●木立理矩人①/藤島輝①
D3 ○大門祐也②/小沼瑞希③ 6-2 6-0 ●小橋佳教②/寺嶋祐大②
S1 ○山口雄矢① 6-2 6-3 ●小橋佳教②
S2 ○大塚真樹② 6-1 6-0 ●松本大輝③
S3 ○大門祐也② 6-1 6-1 ●奥村済③
S4 ○根木聖③ 6-1 6-1 ●坪和優佑③
S5 ○鈴木拓希② 6-2 6-3 ●木立理矩人①
S6 ○高柳希旭③ 6-3 6-3 ●寺嶋祐大②

男子2回戦

4北海学園大学(北海道地区)0-9 5関西大学(関西地区第1)[4]
(複 0-3、単 0-6)

D1 ●山本裕大②/伊藤昴② 1-6 1-6 ○林大貴④/柴野晃輔④
D2 ●横山公紀②/折戸寛紀① 0-6 2-6 ○高村烈司③/島田達也③
D3 ●鎌田裕志④/高木柊弥④ 1-6 0-6 ○山中瑠樹亜①/平川暉人①
S1 ●山本裕大② 0-6 1-6 ○山尾玲貴②
S2 ●伊藤昴② 1-6 0-6 ○高村烈司③
S3 ●横山公紀② 1-6 0-6 ○林大貴④
S4 ●折戸寛紀① 0-6 1-6 ○大野翼②
S5 ●鎌田裕志④ 0-6 0-6 ○柴野晃輔④
S6 ●高木柊弥④ 0-6 0-6 ○工藤丈寛④

女子1回戦

2松山大学(中国四国地区)3-2 3北海道大学(北海道地区)
(複 1-1、単 2-1)

D1 ○門屋沙織④/竹田彩月① 6-4 6-1 ●土洞春菜②/伊藤のどか②
D2 ●武田真紀④/西山菜々③ 3-6 6-7(5) ○岡本渚④/畠山紗衣①
S1 ●本田ひなの① 2-6 2-6 ○畠山紗衣①
S2 ○門屋沙織④ 6-1 6-2 ●岡本渚④
S3 ○武田真紀④ 6-3 6-7(5) 7-6(4) ●伊藤のどか②

8信州大学(北信越地区)3-2 9仙台大学(東北地区)
(複 1-1、単 2-1)

D1 ○加藤真帆③/征矢愛耶乃② 7-5 5-7 7-5 ●邊見文香②/千代和④
D2 ●手塚智佳子③/丸山佑莉香① 1-6 2-6 ○薗部優姫①/薗部舞姫①
S1 ●征矢愛耶乃② 3-6 4-6 ○邊見文香②
S2 ○加藤真帆③ 6-3 6-2 ●千代和④
S3 ○丸山佑莉香① 6-3 6-2 ●本田楓果①

女子2回戦

4鹿屋体育大学(九州地区)1-4 5関西大学(関西地区第1)[3]
(複 0-2、単 1-2)

D1 ●今村凪沙②/岡崎亜美① 0-6 5-7 ○越野菜摘③/大野菜々子②
D2 ●英凪紗③/大津あかり① 6-4 4-6 4-6 ○橘彩音④/鎌田琴衣③
S1 ○今村凪沙② 6-3 6-0 ●越野菜摘③
S2 ●英凪紗③ 2-6 2-6 ○沈清河③
S3 ●岡崎亜美① 1-6 4-6 ○中塚桃子②

※写真は男子2回戦のS2で勝ち星を挙げた関西大学3年の高村烈司
写真提供◎全日本学生テニス連盟

This article is a sponsored article by
''.