大学テニスの日本一を決める団体戦「平成30年度 全日本大学対抗テニス王座決定試合(男子72回/女子54回)」(愛媛県松山市・愛媛県総合運動公園テニスコート/10月10~15日/ハードコート)の競技2日目は男女ともに2回戦の残り3試合が行われ、ベスト4が決定した。

 関西地区王者の近畿大は九州地区王者の鹿屋体育大と対戦。最初のダブルス3試合はすべてフルセットの戦いを強いられたが、これを3連勝で切り抜けると、シングルスも一気の6連勝。1試合も落とさずに3年連続の準決勝進出を果たした。

 鹿屋体育大は競り合ったダブルスをものにできなかった。シングルス6試合でも3試合がフルセットの戦いとなったが、勝利をものにすることはできなかった。スコア上は0勝9敗だが、濃密な内容だった。

画像: スコア以上に善戦した鹿屋体育大

スコア以上に善戦した鹿屋体育大

 明日の準決勝で近大と対戦する慶應義塾大も一気の9連勝で東海地区王者の中京大に完勝した。「この大会に向けて、この1年やってきた」と坂井利彰監督。1977年以来41年ぶり14回目の優勝に向けてメンバー全員の気合いが漲っている。

画像: 慶大のダブルス1は逸崎凱人(左)/羽澤慎治

慶大のダブルス1は逸崎凱人(左)/羽澤慎治

 中京大は3年連続の王座出場。昨年も慶大に敗れているが、「少しずつレベルアップしているのは間違いない」と田中瞭良主将。フィジカルの差を痛感したようだが、同時に手応えもつかんだようだ。

画像: 中京大のシングルス1は1年生の山口雄矢

中京大のシングルス1は1年生の山口雄矢

 14連覇を目指す早稲田大もまた地元の松山大を9勝0敗のストレートで下した。「いい準備ができている」と石井弥起ヘッドコーチ。関東リーグでは5戦全勝で駆け抜けたが、慶大、中央大にはともに5勝4敗の辛勝。その危機感が選手たちを奮い立たせている。

画像: 早稲田大のエースとして躍動する島袋将

早稲田大のエースとして躍動する島袋将

 松山大は前日の1回戦では北信越王者の信州大を7勝2敗で下したものの、早大には完敗に終わった。主将の平田龍一はエース対決で島袋将と対戦し、リードする場面もあったが、あと一歩、及ばなかった。

画像: ベスト4進出を早大に阻まれた地元の松山大

ベスト4進出を早大に阻まれた地元の松山大

 明日の準決勝は、早大対関西大、慶大対近大の東西対決となる。

(文・写真◎牧野 正)

※トップ写真は、近畿大のD2高木修(右)/恒松優也

This article is a sponsored article by
''.