「プルデンシャル 香港テニス・オープン」(WTAインターナショナル/中国・香港/10月8~14日/賞金総額75万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝が行われ、第6シードのワン・チャン(中国)とダイアナ・ヤストレムスカ(ウクライナ)が決勝に勝ち進んだ。

 ワンが第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-7(5) 6-4 7-5で、ヤストレムスカはジャン・シューアイ(中国)を7-5 6-4で下しての勝ち上がり。両者は今回が初対戦となる。

 これに先立ちワンは、前日に第2セット5-2の時点で中断となっていた準々決勝をプレーし、第1シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を6-2 6-4で倒していた。世界ランク5位のスビトリーナは、ワンがこれまでに勝った選手の中で最高位となる。

 7月の南昌と9月の広州(ともにWTAインターナショナル/ハードコート)でタイトルを獲得しているワンは、2週間前の武漢(WTAプレミア5/ハードコート)と前週の北京(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)で4強入り。今シーズン中国で開催された大会での戦績を、21勝3敗とした。

 2000年生まれで18歳のヤストレムスカは、今季ツアーで決勝に進出した6人目の10代選手となった。世界ランク102位のヤストレムスカは、昨年4月のイスタンブール(WTAインターナショナル/クレーコート)でのベスト8がこれまでのWTAツアーでの最高成績だった。

※写真は北京の大会でのワン・チャン(中国)
BEIJING, CHINA - OCTOBER 05: Qiang Wang of China celebrates against Aryna Sabalenka of Belarus during her Women's Singles Quarterfinals match in the 2018 China Open at the China National Tennis Center on October 5, 2018 in Beijing, China. (Photo by Di Yin/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.