今年の大学日本一は、またしても男女ともに早稲田大が勝ち取りました。男子は14年連続26回目、女子は13年連続14回目のV。男子は慶應義塾大、女子は亜細亜大が奮闘しましたが、やはり早大の大舞台での強さ、経験がものを言いました。3位決定戦は男女ともに関西大が勝利。4位は男子が近畿大、女子は園田女子大に決定。これをもって2018年大学王座の全日程が終了。また来年も松山でお会いしましょう!最後のフォトアルバムは男女決勝戦&表彰式から。

※トップ写真は、メンバーを応援する慶應大

写真◎BBM

※大学王座の熱戦の模様は、11月21日発売の「テニスマガジン1月号」でも紹介します。

This article is a sponsored article by
''.