2018年を迎えたばかりの頃、坂詰姫野(Team YUKA)にとって、未来はあまりに不確かだった。

「1年前の自分に、『今こうなっているよ』と言ったらびっくりすると思います。『絶対うそ! そんなはずない!』って、信じないと思います」

 まるで、1年前の“仮定の自分”に心境を重ねたように、目を丸くして彼女が言う。

 フォアにまったく自信が持てない。自信がないから、ボールを相手コートに入れるだけになってしまう……それが、今年3月頃までの彼女だったという。

 変化へのきっかけは、いくつかの出会いと人の縁、そして自らの決断だった。

 今年1月のオーストラリアン・オープン・ジュニアに帯同していた金子和宏トレーナーは、数年前に見た小学生の頃の坂詰と、今の姿の相違に驚きを覚えたという。跳ねるように早いタイミングでボールをとられていた元気な少女が、ベースラインのはるか後方で構えるようになっている……。

 それから約2ヵ月後――金子がスタッフを務める“Team YUKA”の合宿参加応募者欄に、坂詰姫野の名前が乗っていた。

「変わった名前だから、同姓同名ってことはないよね?」

 そんなことを、Team YUKAの代表と金子はささやきあう。ちなみにその代表とは、現在の金子の伴侶であり、プレーヤーとしては世界ランキング52位、指導者としてもフェドカップ日本代表監督の実績を持つ、吉田友佳である。

 キャプに参加したその僅か1ヵ月後には、坂詰は住む部屋を見つけ、Team YUKAの一員となった。それまで通っていた高校も、2年生からは通信制のそれへと変え、本格的にテニスに打ち込める環境を選び取った。

 Team YUKAを訪れた坂詰がうれしい衝撃を受けたのは、トレーナーが選手個々へのトレーニングメニューを考え、食事もチェックしてくれること。そしてそれら身体の動きとテニスの技術や戦術面を、コーチたちが上手くつなげてくれることだ。また、吉田からの指導や、語り聞かせてくれる自身の経験談は、坂詰が漠然と抱いていた「世界で戦うプロ」の夢を、現実的な像へと結んでくれる。

 フィジカルの向上と技術及び戦術の研鑽、そして明確になった目的意識――まさに心技体が結びつき、この夏に坂詰は、全日本ジュニア、さらに京都ITF1.5万ドルのタイトルまでつかみ取る。

「ITFでも結果を残せたので、もうジュニアはいいんじゃないという話になり……」

 この8月に17歳を迎えたばかりだが、今後はプロの大会を回っていく心づもり。来年4月には、正式にプロ転向を考えている。

 未来が不確かなことは、もちろん今も変わりない。だが今の彼女には、進むべき道が、目指すべき地点が見えている。

 今大会の目標は? そう問うと、17歳は目を輝かせて即答した。

「まずは一つひとつですが、優勝目指してがんばります!」

レポート◎内田暁(大会オフィシャルライター)

※写真は坂詰姫野(Team YUKA)
写真提供◎浜松ウイメンズオープン実行委員会
撮影◎てらおよしのぶ

This article is a sponsored article by
''.