トップ8によるエリート大会「BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール」(WTAファイナルズ/10月21~28日/シンガポール・シンガポール/賞金総額700万ドル/室内ハードコート)に初出場となるUSオープン優勝者の大坂なおみ(日清食品)が、アンジェリック・ケルバー(ドイツ)、スローン・スティーブンス(アメリカ)、キキ・バーテンズ(オランダ)と同じグループに入った。

 組み合わせ抽選の結果、前年度覇者のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、ペトラ・クビトバ(チェコ)、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)は、もうひとつのグループに配置された。

 世界ランク1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)は背中下部の故障のため、今回は出場を断念した。同大会優勝歴5回のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)もまた、初子出産を経て復帰を果たし、ふたつのグランドスラム大会で決勝に進出した今年、WTAファイナルズ出場権を得ることはできなかった。

 今年のシンガポールでは、5人のグランドスラム大会優勝経験者がプレーする。それは大坂、スティーブンス、ケルバー、クビトバ、ウォズニアッキだ。

 WTAファイナルズでは、ホワイトとレッドのふたつのグループに分かれてまずグループ内の総当たり戦を行い、グループ上位2名ずつが準決勝に進出する。(C)AP(テニスマガジン)

レッド・グループ

アンジェリック・ケルバー(ドイツ)、大坂なおみ(日本/日清食品)、スローン・スティーブンス(アメリカ)、キキ・バーテンズ(オランダ)

ホワイト・グループ

カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、ペトラ・クビトバ(チェコ)、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)

※写真は後列左からバーテンズ、プリスコバ、スビトリーナ、クビトバ、ウォズニアッキ、前列左からケルバー、スティーブンス、大坂
SINGAPORE - OCTOBER 19: The 2018 BNP Paribas WTA Finals Singapore presented by SC Global returns to Singapore for the fifth consecutive year with the top women competing for $7 million in prize money from October 21 to October 28. This year's singles field pose at Bay East Garden. Left to Right: Kiki Bertens of the Netherlands, Karolina Pliskova of the Czech Republic, lina Svitolina of the Ukraine, Petra Kvitova of the Czech Republic, Caroline Wozniacki of Denmark, Angelique Kerber of Germany, Sloane Stephens of the United States and Naomi Osaka of Japan, on October 19, 2018 in Singapore. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.