• 「大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会」(ITFグレードA/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/本戦10月16~22日/ハードコート)の本戦6日目は、男女シングルス準決勝と男女ダブルス決勝が行われた。

     シングルスはファイナリストが出揃い、男子が第2シードのブ・ユンチャオケテ(中国)とノーシードから勝ち上がった齋藤惠佑(グローバルプロテニスアカデミー)、女子はクララ・タウソン(デンマーク)とジェン・チンウェン(中国)のトップ2シードが決勝に勝ち進んだ。

     日本人ペア同士の対戦となった男子ダブルス決勝は池田朋弥(スポルトテニスアカデミー)/三井駿介(アクトスポーツクラブ)が藤原智也(サン城陽テニスクラブ)/山中太陽(西宮テニスクラブ)を6-1 7-5で、女子ダブルス決勝は第7シードの川村茉那(CSJ)/光崎楓奈(h2エリートTA)が第1シードの佐藤久真莉(CSJ)/ジェンを7-6(3) 6-4で下し、男女ともに日本人ペアが優勝を飾った。

     世界スーパージュニアテニス選手権大会は年間9大会行われる国際ジュニア大会で最高レベルの『グレードA』の大会で、男女シングルス各64ドロー、男女ダブルス各32ドローで争われる。

     大会最終日の10月21日(日)は11時00分から、男女シングルス決勝が行われる予定。

    ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

    男子シングルス準決勝

    ○31齋藤惠佑(グローバルプロテニスアカデミー)5-7 6-1 6-2 ●1ヴァランタン・ロワイエ(フランス)[1]

    ○64ブ・ユンチャオケテ(中国)[2] 6-1 6-0 ●48ゴーティエ・オンクリン(ベルギー)[4]

    女子シングルス準決勝

    ○1クララ・タウソン(デンマーク)[1] 6-0 6-0 ●25パク・ソヒョン(韓国)[9]

    ○64ジェン・チンウェン(中国)[2] 4-6 6-2 7-6(3) ●33ダリア・スニグル(ウクライナ)[7]

    男子ダブルス決勝

    ○3池田朋弥/三井駿介(スポルトテニスアカデミー/アクトスポーツクラブ)6-1 7-5 ●23藤原智也/山中太陽(サン城陽テニスクラブ/西宮テニスクラブ)

    女子ダブルス決勝

    ○25川村茉那/光崎楓奈(CSJ/h2エリートTA)[7] 7-6(3) 6-4 ●1佐藤久真莉/ジェン・チンウェン(CSJ/中国)[1]

    画像: 左から男子ダブルス優勝の池田朋弥(スポルトテニスアカデミー)、三井駿介(アクトスポーツクラブ)、山中太陽(西宮テニスクラブ)、藤原智也(サン城陽テニスクラブ)(撮影◎真野博正)

    左から男子ダブルス優勝の池田朋弥(スポルトテニスアカデミー)、三井駿介(アクトスポーツクラブ)、山中太陽(西宮テニスクラブ)、藤原智也(サン城陽テニスクラブ)(撮影◎真野博正)

    ※トップ写真は左から女子ダブルス優勝の光崎楓奈(h2エリートTA)、川村茉那(CSJ)、準優勝のジェン・チンウェン(中国)、佐藤久真莉(CSJ)
    撮影◎真野博正

    This article is a sponsored article by
    ''.