「スイス室内」(スイス・バーゼル/10月22~28日/賞金総額244万2740ユーロ/室内ハードコート)のシングルス予選決勝で、第4シードのダニエル太郎(エイブル)が第6シードのバセック・ポスピショル(カナダ)を7-6(7) 7-6(2)で破り、本戦入りを決めた。試合時間は2時間8分。

 今大会に初参戦となるダニエルは、ATP500に今季3度目の出場。1回戦の対戦相手は、アンドレアス・セッピ(イタリア)に決まった。

 そのほかの日本勢は、マクラクラン勉(日本)がイバン・ドディグ(クロアチア)とのペアで第2シードでダブルスに出場。初戦の対戦相手は、アイサムウルハク・クレシー(パキスタン)/ステファノス・チチパス(ギリシャ)となっている。

 スイス室内はATPツアー500の規模の大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

予選結果|日本人選手

シングルス予選決勝

○13ダニエル太郎(エイブル)[4] 7-6(7) 7-6(2) ●16バセック・ポスピショル(カナダ)[6]

シングルス予選1回戦

○13ダニエル太郎(エイブル)[4] 6-1 7-5 ●14Sandro EHRAT(スイス)[WC]

上位出場選手シード順位|シングルス

ロジャー・フェデラー(スイス)[1]
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[2]
マリン・チリッチ(クロアチア)[3]
ステファノス・チチパス(ギリシャ)[4]

※写真は楽天ジャパンオープンでのダニエル太郎(エイブル)
CHOFU, JAPAN - OCTOBER 02: Daniel Taro of Japan plays a backhand in his match against Stefanos Tsitsipas of Greece on day two of the Rakuten Open at Musashino Forest Sports Plaza on October 2, 2018 in Chofu, Tokyo, Japan. (Photo by Matt Roberts/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.