トップ8によるエリート大会「BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール」(WTAファイナルズ/10月21~28日/シンガポール・シンガポール/賞金総額700万ドル/室内ハードコート)の2日目はレッドグループのラウンドロビン(総当たり戦)初戦が行われ、スローン・スティーブンス(アメリカ)とキキ・バーテンズ(オランダ)が1勝目を挙げた。

 2017年USオープン・チャンピオンのスティーブンスは、日本の大坂なおみ(日清食品)を7-5 4-6 6-1で下した。

 この試合は双方の選手にとって、この威信ある大会のデビュー戦だったが、スティーブンスのほうが落ち着いているように見えた。一方、先月のニューヨークでグランドスラム大会で優勝した初の日本人となった大坂は、試合を通して一度も心地よさそうに見えなかった。

「とても厳しい試合だったけど、勝ち抜くことができて本当にうれしいわ」とスティーブンスは試合後のコート上でコメントした。

「私は決してあきらめなかった。彼女がこのところずっといいプレーをしていたことは知っていたし、彼女を倒すには本当にいいプレーをしなければならないこともわかっていた」

 大坂はこの試合を通し、フラストレーションを感じている様子を見せ続けていた。第2セットの第4ゲームで4つのブレークポイントをものにし損ねたとき、彼女は両手で、目に見えてわかる苦悩のジェスチャーをした。

 それでも大坂は、このラウンドロビンのフォーマットでは少なくともあと2試合をプレーできるということに希望を見出していた。

「(試合後)5分間は本当に悲しかったけど、負けたときにはより多くを学ぶことができる、と考えるようにしたの。この試合から何を学ぶことができるか、そして次の試合にそれをどう生かせるのか」と大坂は言った。

「試合を重ねていくことでしか、よくなることはできないと思うから」

 世界ランク1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が背中の椎間板の故障で棄権したことで出場権を得たバーテンスは、1セットダウンから奮起して、トップシードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を1-6 6-3 6-4で倒した。

「試合の形勢を逆転させることができて、本当にうれしかった」とバーテンスは言った。

「状況がよくなかったとき、コーチと(コート上で)少しおしゃべりしたの。それで私たちは、もう少し思い切って打っていき、よりアグレッシブにいくべきだと決めたのよ」

 第3セットの最初の7ゲームはすべてサービスブレークで、それからバーテンスがようやくキープして5-3とリードした。2016年の同大会で準優勝したケルバーは、第9ゲームでやっとキープできたが、最後のゲームをブレークすることはできなかった。

「私は本当にいいスタートを切ったけれど、彼女は時間が経つにつれよりいいプレーをするようになっていった。それから、私は自分のテニスの強度を少し落としてしまったの」とケルバーは言った。

「第3セットでは本当に多くのチャンスがあったのに、それをつかむことができなかった」

 水曜日に行われるレッドグループの第2戦では、ケルバーが大坂と、バーテンスはスティーブンスと対戦することになる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はキキ・バーテンズ(オランダ)
SINGAPORE - OCTOBER 22: Kiki Bertens of the Netherlands celebrates match point in her singles match against Angelique Kerber of Germany during day 2 of the BNP Paribas WTA Finals Singapore presented by SC Global at Singapore Sports Hub on October 22, 2018 in Singapore. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.