「エルステ・バンク・オープン」(ATP500/オーストリア・ウィーン/10月22~28日/賞金総額278万8570ユーロ/室内ハードコート)のシングルス準々決勝が行われ、第2シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)、第5シードの錦織圭(日清食品)、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)、予選勝者のミカエル・ククシュキン(カザフスタン)の4人が準決勝に勝ち進んだ。

 錦織が第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-3 6-1で、ククシュキンがマートン・フクソービッチ(ハンガリー)を4-6 7-6(2) 7-6(4)で破り、アンダーソンとベルダスコは第1セットを奪ったあとの第2セット途中で対戦相手が棄権したため勝ち上がった。

 アンダーソンと対戦した第6シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)が6-7(2) 2-1の時点で左足の故障で、ベルダスコと対戦したガエル・モンフィス(フランス)は4-6 1-2の時点で腰の故障でリタイアした。

 準決勝では、アンダーソンがベルダスコと、錦織はククシュキンと対戦する。

※写真は楽天ジャパンオープンでのケビン・アンダーソン(南アフリカ)
CHOFU, JAPAN - OCTOBER 03: Kevin Anderson of South Africa plays a fourhand in the Singles first round against Matthew Ebden of Australia on day three of the Rakuten Open at Musashino Forest Sports Plaza on October 3, 2018 in Chofu, Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.