チェコは、前年度覇者のアメリカと対戦する来週末のフェドカップ決勝で、トップ10プレーヤーをふたり擁して戦うことになる。

 ウインブルドンで2度優勝した経験を持つ世界ランク7位のペトラ・クビトバ、8位のカロリーナ・プリスコバが、チェコにとってここ8年で6度目となる決勝のメンバーに任命された。

 彼女たちは、戦った5度の決勝のすべてで勝っている。

 ダブルスに関しては、チェコのペトル・パラ監督は、世界1位のダブルスペアの一角であるカテリーナ・シニアコバ、そしてバーボラ・ストリコバを選んだ。対戦は11月10、11日にチェコ・プラハの室内ハードコートにて、ベスト・オブ・5マッチで行われる。

 プリスコバは、シンガポールで行われたトップ8による「WTAファイナルズ」で、スローン・スティーブンス(アメリカ)に6-0 4-6 1-6で屈していた。クビトバは、同大会のラウンドロビン(4人1グループの総当たり戦)のすべてで敗れていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はフェドカップ準決勝でのチェコ・チーム。中央の3選手は左からカロリーナ・プリスコバ、バーボラ・ストリコバ、ペトラ・クビトバ
Strycova, Petra Kvitova and Kvitova's coach Jiri Vanek celebrate getting through to teh Fed Cup final. Photo: Marijan Murat/dpa (Photo by Marijan Murat/picture alliance via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.