「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の本戦6日目、女子はシングルス準々決勝4試合が行われ4強が決定。ダブルスも準々決勝4試合のうち2試合が行われた。

 松田美咲(亜大2年)の快進撃が止まらない。ベスト8の中で、ただひとりのノーシードであり、学生の松田が今日も勝った。第7シードで昨年のファイナリストでもある秋田史帆(橋本総業ホールディングス)をストレートで下し、ベスト4進出を果たした。

 左から繰り出す重いスピンを左右に打ち込んでいく。第1セットを4-5から3ゲーム連取して7-5で奪うと、その迫力がいよいよ増した。第2セットは一気に3-0とリードを広げ、あとはサービスキープに成功の6-3で試合を終わらせた。

「第1セットは相手のペースにはまってしまったけど、第2セットからは自分のプレーがしっかりとできた」と松田。以前は「とにかく打ちまくっていた」が、攻守のバランスが抜群によくなった。「周りが見えて、落ち着いてプレーができるようになった」から、それができるのだろう。

 次々とプロをなぎ倒しての4強進出には「ちょっとびっくりする部分もあるけど、残りの試合も勝ちたい」と目を輝かせた。「インカレ決勝、王座決勝と、自分のプレーができなかった悔しさ」を全日本にぶつけている。2009年の奈良くるみ(大阪産業大付高3年)以来となる学生チャンピオンまで、あと2勝に迫った。

 第4シードの井上雅(テニスラウンジ)はベスト4に限りなく近づいていた。第8シードの村松千裕(グラムスリー)を相手に7-5 5-1。だが、勝ちを意識してか硬くなり、ミスが相次いだ。5-1から5-6と逆転され、6-6に戻したが、タイブレークをポイント5-5から失ってしまった。

 勝負の行方は最終セットにもつれ込まれたが、勢いは村松にあった。井上も必死の抵抗を見せたものの、3-2から3ゲーム連取で最後は村松が勝利を手にした。崖っぷちから生還した村松は「このまま終わりたくないという気持ちだった。ちょっと開き直って、自分から攻めていった」と安堵の表情を見せた。

画像: 逆転勝利を飾った村松

逆転勝利を飾った村松

 ベスト4に一番乗りを決めたのは第15シードの澤柳璃子(リンクス・エステート)だった。17歳の第6シード内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)との消耗戦を7-5 7-5で退け、準優勝した2014年以来4年ぶりの準決勝進出。「彼女より負けたくないという気持ちが強かったと思う」と勝因を語った。

画像: 第2シードの小堀に続き、第6シードの内山も下した澤柳

第2シードの小堀に続き、第6シードの内山も下した澤柳

 第1シードの清水綾乃(Club MASA)は第9シードの本玉真唯(フリー)に6-1 7-6(3)。第2セットは2-5とリードを許したものの、落ち着いて逆転勝利へ結びつけた。全日本の第1シードという重圧は意識しないようにしているが、「ここまでの内容を見ると意識しちゃっているかな」と会見では笑顔を見せた。

画像: 第1シードの清水もストレート勝利で4強入り

第1シードの清水もストレート勝利で4強入り

 明日の2日、女子はシングルスは準決勝2試合、ダブルスは残りの準々決勝2試合が行われる。8ドローの混合ダブルスは早くも決勝が行われ、第1シードの清水悠太(三菱電機)/清水と島袋将(早大3年)/澤柳が対戦する。

編集部◎牧野 正 写真◎宮原和也

※トップ写真は、ノーシードからベスト4に進んだ松田美咲(亜大2年/写真右)と秋田志帆

This article is a sponsored article by
''.