「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の本戦6日目、男子はシングルス3回戦の残り4試合が行われて8強が出揃い、準々決勝の残り2試合が行われて4強が決まった。

 第3シードの越智真(江崎グリコ)と第16シードの羽澤慎治(慶大1年)の一戦は6-3 6-3で羽澤が勝利した。前日の3回戦では同じ慶大の先輩、今村昌倫(2年)が敗れ、学生で唯一の生き残りとなっていたが、2年連続8強進出を果たした。

「力まず、焦らず、今日は試合を通して、じっくりと戦うことができた」と羽澤。プロ4年目の越智を相手に、それができるのだから、たいしたものだ。しかも、開始直後の第1ゲームをブレークされて、「あれで少し落ち着くことができた」と口にした。

 羽澤はシングルスのあと、清水悠太(三菱電機)と組んだダブルスにも完勝して4強に進んだ。「この全日本で結果を残してアピールしたい」と意気込む。22歳の越智は3度目の全日本だったが、今年もまた3回戦の壁を破ることはできなかった。

 その羽澤と明日の準々決勝で対戦するのが、第7シードの上杉海斗(江崎グリコ)だ。上杉はセンターコートで行われた3回戦で、第9シードの福田創楽(イカイ)に6-7(4) 6-4 6-4の逆転勝利。2時間40分のロングマッチを制し、羽澤同様、2年連続の8強を決めた。

「長い試合になったけど、やることを貫けた」と上杉。春のフューチャーズ大会では敗れた相手。緩急を使い、ボールを散らし、辛抱強く戦うことを心がければ、相手の動きも鈍り始め、最終セットは5-4からのサービスゲームをラブゲームでキープし、決着をつけた。

画像: 「冷静に戦うことができている」と上杉が接戦を制して4強入り

「冷静に戦うことができている」と上杉が接戦を制して4強入り

 この春、慶大を卒業したばかりのプロ1年生。入れ違いで慶大に入学してきたのが羽澤だ。明日は慶大の新旧エースがベスト4をかけて戦う。先輩として、プロとして、負けるわけにはいかない。「勢いに乗せると怖いが、あまり意識せず、自分のプレーをするだけ」と上杉が静かに語った。

 第2シードの徳田廉大(フリー)は第15シードの吉備雄也(ノア・インドアステージ)に6-2 6-3の完勝。32歳の吉備は大会前から右ふくらはぎを痛めており、2日前のダブルス2回戦を棄権していた。この日は最後まで戦い抜いたが、万全とは言えない状態では徳田に勝つことは難しかった。

画像: 試合開始前の徳田(右)と吉備

試合開始前の徳田(右)と吉備

 ダブルスのペア同士の戦いとなった第5シードの今井慎太郎(イカイ)と第12シードの仁木拓人(三菱電機)の3回戦は6-3 3-6 6-0で仁木がフルセットマッチを制した。最終セットは仁木が今井のバックハンドを徹底的に攻め込み、ミスを引き出すことに成功した。

画像: 試合後の握手を交わす仁木(左)と今井

試合後の握手を交わす仁木(左)と今井

 明日の2日、男子はシングルスは準々決勝4試合、ダブルスは準決勝2試合が行われる。8ドローの混合ダブルスは早くも決勝が行われ、第1シードの清水悠太(三菱電機)/清水綾乃(Club MASA)と島袋将(早大3年)/澤柳璃子(リンクス・エステート)が対戦する。

編集部◎牧野 正 写真◎宮原和也

※トップ写真は、ベスト8進出を決めた羽澤慎治(慶大1年)

This article is a sponsored article by
''.