「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の混合ダブルス決勝で、第1シードの清水悠太(三菱電機)/清水綾乃(Club MASA)が島袋将(早稲田大学)/澤柳璃子(リンクス・エステート)を6-2 2-6 [14-12]で下して優勝を飾った。

 今大会での清水/清水は、1回戦で守谷総一郎(Team REC)/牛島里咲(筑波大学)を6-4 6-4で、準決勝では逸﨑凱人(慶應義塾大学)/西本恵(島津製作所)を6-1 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 清水(綾)と澤柳は、女子シングルスでも勝ち残っており、大会8日目の決勝で対戦する。この日行われた準決勝では、第1シードの清水が第8シードの村松千裕(グラムスリー)を6-0 6-2で、澤柳はワイルドカード(主催者推薦枠)の松田美咲(亜細亜大学)を6-4 6-0で破って決勝進出を決めていた。

 男子シングルスに第4シードで出場していた清水(悠)は、センターコートの第1試合で関口周一(Team REC)に0-6 0-6で敗れてベスト8に終わったが、羽澤慎治(慶應義塾大学)とのペアで第4シードのダブルスでは勝ち残っており、ダブルス2冠をかけて第1シードの仁木拓人(三菱電機)/今井慎太郎(イカイ)との決勝に臨むことになった。

※写真は混合ダブルスで優勝を果たした清水悠太(三菱電機/左)と清水綾乃(Club MASA/右)
撮影◎宮原和也

This article is a sponsored article by
''.