「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の本戦7日目、女子はシングルスが準決勝2試合、ダブルスは準々決勝の残り2試合が行われた。

 第15シードの澤柳璃子(リンクス・エステート)がノーシードから勝ち上がった松田美咲(亜大2年)の快進撃を止めた。競り合った第1セットを6-4で先取すると、第2セットは圧巻の6-0。62分で決勝へ駆け上がった。

 大学生を相手に受け身に回らず、しっかりと攻め込んだ。「お互いにやりたいことは似ていたかもしれない」と澤柳が言う。強打に頼らず、緩急を使って揺さぶり、自分から仕掛けていく。第1セット終盤の攻防を制した澤柳が勢いに乗った。

画像: パワフルなストロークを澤柳に封じられた松田

パワフルなストロークを澤柳に封じられた松田

 第2セットの澤柳は絶好調だった。「打つボールが全部いいところに入って、自分でも驚きました」というほどのプレー。第1セットに比べると相手の集中力が落ちていることもわかった。一気に攻め立て、最後はガッツポーズとともに大声を張り上げた。

 4年前に準優勝を飾ったとき以来となる決勝進出。そのときと比べ、どちらがうれしいかという質問には「まだ実感がなくて」と答えた。右太ももに施されたテーピングが痛々しいが、「体は疲れているけれど、精神的にはリラックスして臨めている」と笑った。

 ベスト4に終わった松田は「悔しいです」とポツリ。「昨日までは落ち着いてプレーできていたのに…今日は勝ちたいという気持ちが先に出てしまった」と肩を落とした。それでもプロを次々となぎ倒しての準決勝進出は十分に合格点だろう。

 もう一方の準決勝、第1シード清水綾乃(Club MASA)と第8シード村松千裕(グラムスリー)の20歳対決は、清水が6-0 6-2のストレート勝利で決勝へ進んだ。

 勝ちが見えてくると「緊張してしまう」のが、清水の課題でもあるが、この日は最後まで突っ走った。最新の世界ランク187位は日本女子で5番目。その力を見せつけるように力強いボールを容赦なく打ち込み、試合を支配した。

画像: 第1シードの清水が貫録の決勝進出

第1シードの清水が貫録の決勝進出

 同じ20歳でジュニア時代からしのぎを削ってきた仲。「(村松が)強いのはわかっているから、向かっていけた」と清水が言う。リードを広げても勝ちが見えなかったのは、そのせいだろう。「今日は1点ずつ取るのに集中できた」と勝因を語った。

 第1セットを24分で失った村松は、第2セットから気持ちを切り替え、懸命に追い上げたものの、清水の強打を食い止めることはできなかった。しかし、初出場した2年前の2回戦敗退から2度目の今回は4強に勝ち残り、その存在感をしっかりと見せつけた。

画像: ベスト4に終わった村松

ベスト4に終わった村松

 明日の決勝は、清水と澤柳の対決となった。2年前に2度の対戦があり、ともに澤柳が勝っているが、現在はシード順位からもわかるように立場は逆転している。「とにかく楽しみながら戦いたい」と澤柳。「(澤柳は)パワフルで元気、ガッツがあるイメージだけど、私は私で頑張りたい」と清水。どちらが勝っても初優勝だ。

編集部◎牧野 正 写真◎宮原和也

※トップ写真は、4年ぶり2度目の決勝進出を果たした澤柳

This article is a sponsored article by
''.