「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の本戦7日目、男子はシングルス準々決勝4試合が行われてベスト4が決定。ダブルスは準決勝2試合が行われた。

 プロ9年目、27歳の関口周一(Team Rec)が3年連続でベスト4進出を決めた。相手の清水悠太(三菱電機)は第4シードで、関口の第8シードよりも上。「この1年の活躍を比較しても苦しい試合になるなと思った」と関口が言う。

 だが、すべてがうまくいった。着々とポイントを重ね、終わってみれば6-0 6-0、53分の完勝劇。誰よりも一番驚いているのは関口自身だった。今後も対戦があり、多くは語らなかったが、「(清水を)動かさないようにした」と笑顔を見せた。

 関口が圧勝したあとのセンターコートで、第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)が第6シードの田沼諒太(ワールド航空サービス)を6-1 6-3で退けた。第1セットは2-1から4ゲーム連取、第2セットは3-3から3ゲーム連取で粘る田沼を振りきった。

 田沼とは昨年と今年、国内フューチャーズで対戦しており、どちらも勝っているが接戦だった。「それで最初から警戒していた。手堅いテニスができたと思う」と伊藤。立ち上がりから9ポイント連取で勢いをつかんだ。

画像: 第1シードから準決勝に進んだ伊藤

第1シードから準決勝に進んだ伊藤

 第2シードの徳田廉大(フリー)も第12シードの仁木拓人(三菱電機)を6-4 6-3で下して準決勝へ進んだ。第1セットは2-4とリードを許したが、仁木のフォアを避け、足を動かし、最後まで粘り強く戦い抜いた。

 第2シードの重圧は、もはや感じていない。初戦の2回戦で緊張と疲労から両足ケイレンに襲われながら、何とか逆転勝利をつかんだ。「あそこで死にかけているので、今は楽にテニスができています」と口にした。

画像: 20歳の徳田は第2シード。狙うはVのみ

20歳の徳田は第2シード。狙うはVのみ

 その徳田と明日の準決勝で対戦するのは、第7シードの上杉海斗(江崎グリコ)だ。第16シードから学生でただひとり、ベスト8に残っていた羽澤慎治(慶大1年)を5-7 6-2 6-2で退け、2年連続の4強入りを決めた。

 前日の3回戦と同じく第1セットを落としたが、焦りもなく、落ち着いていた。攻め急いだ反省を生かし、第2セットからは攻守のバランスを考え、左右にボールを散らして反撃のチャンスを待った。冷静な試合運びからの逆転勝利はプロの実力であり、意地でもあっただろう。

画像: 大学の後輩でもある羽澤に勝利を収めた上杉

大学の後輩でもある羽澤に勝利を収めた上杉

 これで男子シングルスは4強が出揃い、明日の準決勝は伊藤と関口、徳田と上杉が決勝をかけて戦うことになった。2013年に優勝した伊藤以外は誰が勝っても初優勝となる。

編集部◎牧野 正 写真◎宮原和也

※トップ写真は、戦い終えた関口周一(Team REC/写真右)と清水悠太(三菱電機)

This article is a sponsored article by
''.