「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)は大会最終日を迎え、男子シングルスと男女ダブルスの決勝が行われた。

 トップ2シードの対戦となった男子シングルス決勝は、第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)が第2シードの徳田廉大(フリー)を6-3 6-0で破り、4年ぶり2度目の優勝を果たした。

 男子ダブルス決勝は第1シードの仁木拓人(三菱電機)/今井慎太郎(イカイ)が第4シードの清水悠太(三菱電機)/羽澤慎治(慶應義塾大学)を6-2 7-6(5)で、ノーシード同士の対戦となった女子ダブルス決勝は内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)/林恵里奈(福井県スポーツ協会)が寺見かりん(テニスユニバース)/首藤みなみ(スポーツクリエイト)を6-3 6-1で下してタイトルを獲得した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

センターコート

第1試合|男子シングルス決勝

○1伊藤竜馬(北日本物産)[1] 6-3 6-0 ●64徳田廉大(フリー)[2]

第2試合|女子ダブルス決勝

○28内島萌夏/林恵里奈(昭和の森ジュニアテニススクール/福井県スポーツ協会)6-3 6-1 ●5寺見かりん/首藤みなみ(テニスユニバース/スポーツクリエイト)

第3試合|男子ダブルス決勝

○1仁木拓人/今井慎太郎(三菱電機/イカイ)[1] 6-2 7-6(5) ●24清水悠太/羽澤慎治(三菱電機/慶應義塾大学)[4]

※写真は男子ダブルスで優勝を果たした仁木拓人(三菱電機/右)と今井慎太郎(イカイ/左)
撮影◎江見洋子

This article is a sponsored article by
''.