「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の本戦8日目、男子はシングルス準決勝2試合が行われ、第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)と第2シードの徳田廉大(フリー)が決勝へ進んだ。

 先に決勝へ駆け上がったのは徳田だった。第7シードの上杉海斗(江崎グリコ)を7-6(3) 6-4のストレートで下し、勝利の雄叫びをあげた。「第1ゲームでいきなりブレークされてテンパってしまったけど、自分のペースに持ち込めた」と喜びを語った。

 早い展開を得意とする上杉が打ってくるのはわかっていた。同じリズムで打ち合わず、緩急を使い、意識的にペースを落とした。第1セットは5-2から4ゲームを連取されて5-6と逆転を許したが、落ち着いてタイブレークに持ち込んで仕留めた。

 全日本という独特の雰囲気を感じてはいるが、今日の準決勝は「これまでの4試合の中で一番リラックスして臨めた」と口にした。第2セットは1-1からの第3ゲームでブレークに成功。このワンブレークを守って勝利を手に入れた。

 上杉は2年連続で準決勝敗退。3回戦、準々決勝はともに第1セットを失ってからの逆転勝ちだったが、この日はそれができなかった。オールラウンドなプレーから積極的に仕掛けてポイントを奪ったが、ミスも多かった。

画像: 徳田に決勝進出を阻まれた上杉

徳田に決勝進出を阻まれた上杉

 もう一方の準決勝は伊藤が制した。第8シードの関口周一(Team REC)に6-4 6-3のストレート勝利。第1セットは5-1から5-4まで詰め寄られたが、要所を締めて粘る関口を振りきった。マッチポイントは渾身のリターンエースだった。

「周一とは何回も練習、試合をしている。やりにくさもあったけど、しっかりと戦うことができた」と伊藤。以前に比べ、ボールの見極めができるようになり、落ち着いて戦えるようになっていると話した。

 全日本は2006年の初出場から、今年で10回目となる。決勝進出はこれで5回目。勝利数は31を数えれば、全日本の緊張も「今回はそれほど感じていない」と言う。しっかりと準備し、自分のプレーをするだけ、と30歳になったベテランが言葉に力を込めた。

画像: 伊藤は5度目となる決勝の舞台へ

伊藤は5度目となる決勝の舞台へ

 関口は3年連続で準決勝の壁に泣いた。2年前は内山靖崇(北日本物産)、昨年は江原弘泰(日清紡ホールディングス)、そして今年は伊藤。全日本では安定した成績を残せているが、決勝への切符が遠い。

画像: 今年もベスト4に終わった関口

今年もベスト4に終わった関口

 決勝はトップ2シードの頂上決戦となった。「勢いを持って挑んでくると思うが、真っ向勝負でそれを跳ね返したい」と伊藤が言えば、徳田も「パワーもあって押されると思う。緩急を使ってプレーしたい」と意気込む。伊藤が勝てば5年ぶり2度目の優勝、徳田が勝てば初優勝となる。

 明日のダブルス決勝は、第1シードの仁木拓人(三菱電機)/今井慎太郎(イカイ)と第4シードの清水悠太(三菱電機)/羽澤慎治(慶大1年)が対戦する。

編集部◎牧野 正 写真◎江見洋子

※トップ写真は、第2シードから決勝へ進んだ徳田廉大

This article is a sponsored article by
''.