「WTAエリート・トロフィー珠海」(WTAエリートトロフィ/中国・珠海/10月30日~11月4日/賞金総額234万9363ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、第9シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)が劣勢を巻き返して前年覇者で第5シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を4-6 6-3 6-2で破り、決勝に進出した。

 バーティは決勝で、第11シードのワン・チャン(中国)と対戦する。ワンはもうひとつの準決勝で、第7シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-2 6-0で倒した。

 8対7と対戦相手よりも1本多くのサービスエースを決めたバーティは、同時に6本のダブルフォールトを犯した。対するゲルゲスのダブルフォールトは、2本にとどまった。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、バーティが1勝0敗でリードしている。ふたりは今年5月にストラスブールの準々決勝で初対戦しており、バーティが7-5 6-4で勝者となっている。

 ムグルッサに対する試合でのワンは、7本のサービスエースを決め、手にした7つのブレークポイントのうち5本をものにした。この結果でワンは、同大会のシングルスで決勝に進出した初の中国人プレーヤーとなった。

 ワンのいたアザレア・グループの勝者は元々マディソン・キーズ(アメリカ)だったが、第6シードのキーズが左膝の故障で棄権したため、グループ2位だったワンが土壇場で代役となっていた。

 この大会のシングルスは、シンガポールでのWTAファイナルズの出場権を逃したツアーのトップ選手が12人出場。1グループ各3人が4グループに分かれて総当たり戦を行い、各グループの勝者が準決勝に進出する形式となっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はワン・チャン(中国)
ZHUHAI, CHINA - NOVEMBER 03: Qiang Wang of China celebrates after defeating Garbine Muguruza of Spain during their women's singles Semifinal match on day 5 of the 2018 WTA Elite Trophy Zhuhai at Hengqin Tennis Center on November 3, 2018 in Zhuhai, China. (Photo by Fred Lee/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.