「三菱 全日本テニス選手権 93rd」(賞金総額2850万円/本戦10月27日~11月4日/大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)の男子ダブルス決勝で、第1シードの仁木拓人(三菱電機)/今井慎太郎(イカイ)が第4シードの清水悠太(三菱電機)/羽澤慎治(慶應義塾大学)を6-2 7-6(5)で破り、優勝を果たした。

 今井と仁木のコンビは、今季8回出場したフューチャーズ大会で3度タイトルを獲得。全日本選手権は、ベスト4に終わった昨年に続く2度目の参戦だった。

 今大会での仁木/今井は、初戦となった2回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)の島袋将(早稲田大学)/田島尚輝(TEAM YONEZAWA)を7-6(4) 5-7 6-0で、準々決勝で第5シードの山﨑純平(日清紡ホールディングス)/徳田廉大(フリー)を7-6(3) 6-3で、準決勝では望月勇希(中央大学)/福田創楽(イカイ)を5-7 6-4 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 31歳の仁木は、吉備雄也(ノア・インドアステージ)とのペアで臨んだ2014年に続く2度目の全日本制覇。2015年のインカレ王者で25歳の今井は、初の全日本タイトルを獲得した。

 プロ1年目で19歳の清水は、清水綾乃(Club MASA)と組んで混合ダブルスを制していたが、ダブルス2冠はならなかった。

※写真は(右から)男子ダブルス優勝の今井慎太郎(イカイ)、仁木拓人(三菱電機)、準優勝の羽澤慎治(慶應義塾大学)、清水悠太(三菱電機)
撮影◎江見洋子

This article is a sponsored article by
''.