ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、サウジアラビアで行なわれる予定だった対ラファエル・ナダル(スペイン)のエキシビションマッチは、ナダルが足首の手術を受けるため中止になったと明かした。

 世界ランク1位のジョコビッチは金曜日にBBCスポーツの取材に応じ、ナダルの故障のため、「試合は今年には実現しない」と話した。

 サウジアラビアの記者、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館内で殺害された事件のあと、サウジアラビアは国際社会からのプレッシャー下に置かれている。

 そんな状況の中、ジョコビッチとナダルは、12月22日にジェダのキング・アブドゥラー・スポーツセンターで行われる予定だったエキシビションマッチでプレーすべきかに疑念を示していた。カショギ氏は、サウジアラビアの皇太子について批判的な記事を書いていた、ワシントン・ポストのコラムニストだった。

 しかしながら選手たちは、招待は少なくとも1年は前になされていたのだということで、すぐに出場を取り消しはしなかった。ロジャー・フェデラー(スイス)は、「その時期にあそこでプレーしたくなかった」という理由から、招待を断っていた。

 国際人権NGO(非政府組織)のアムネスティ・インターナショナルは、ナダルとジョコビッチに、サウジアラビアでプレーしないよう促していた。世界2位のナダルは、腹筋の故障のためシーズン末のATPファイナルズ出場を取り消し、それから2019年をいい体の状態でスタートするため、右足首の手術を受ける決断をしていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はパリの大会でのノバク・ジョコビッチ(セルビア)
PARIS, FRANCE - OCTOBER 30: Novak Djokovic of Serbia reacts during his second round match against Joao Sousa of Portugal during Day 2 of the Rolex Paris Masters on October 30, 2018 in Paris, France. (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.