女子テニス世界国別対抗戦、フェドカップ・ワールドグループ決勝「チェコ対アメリカ」(11月10、11日/チェコ・プラハ/室内ハードコート)の2日目に行われた第3試合で、カテリーナ・シニアコバ(チェコ)が19歳のソフィア・ケネン(アメリカ)を7-5 5-7 7-5で倒し、チェコが3連勝で優勝を決めた。試合時間は2時間11分。

 チェコがフェドカップでタイトルを獲得したのは、3連覇を果たした2016年以来。1993年の連邦解体前のチェコスロバキア時代を含めると、通算11度目の栄冠を勝ち獲った。

 初日のシングルスでは、第1試合でバーボラ・ストリコバ(チェコ)がケネンを6-7(5) 6-1 6-4で、第2試合でシニアコバがアリソン・リスク(アメリカ)を6-3 7-6(2)で破り、2勝0敗でチェコが王手をかけていた。

※文中の世界ランクは11月5日付

ワールドグループ決勝 チェコ 3-0 アメリカ

第1日|11月10日(土)

第1試合 ○バーボラ・ストリコバ(単33位)6-7(5) 6-1 6-4 ●ソフィア・ケネン(単52位)

第2試合 ○カテリーナ・シニアコバ(単31位)6-3 7-6(2) ●アリソン・リスク(単63位)

第2日|11月11日(日)

第3試合 ○カテリーナ・シニアコバ(単31位)7-5 5-7 7-5 ●ソフィア・ケネン(単52位)

第4試合 バーボラ・ストリコバ(単33位)打切 アリソン・リスク(単63位)

第5試合 バーボラ・クレイチコバ(複1位)/カテリーナ・シニアコバ(複1位)打切 ダニエル・コリンズ(複410位)/ニコール・メリカ(複15位)

※写真は2年ぶりの優勝を決めたチェコ・チーム
PRAGUE, CZECH REPUBLIC - NOVEMBER 11: Fed Cup team of Czech Republic celebrate victory against USA after the Fed Cup Final between Czech Republic and USA, at O2 Arena on November 11, 2018 in Prague, Czech Republic. (Photo by Srdjan Stevanovic/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.