トップ8によるエリート大会「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/賞金総額850万ドル/室内ハードコート)のダブルス準決勝が行われ、第5シードのマイク・ブライアン/ジャック・ソック(ともにアメリカ)と第8シードのピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(ともにフランス)が決勝に勝ち進んだ。

 ブライアン/ソックが第4シードのジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)を6-3 4-6 [10-4]で、エルベール/マウは第2シードのフアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(ともにコロンビア)を6-3 5-7 [10-5]で破っての勝ち上がり。

 決勝で対戦する両ペアはラウンドロビン第3戦で対戦しており、エルベール/マウが6-2 6-2で勝っている。

 ATPファイナルズはATPツアー最終戦で、今季の成績上位8名(ダブルスは8組)のみで争われる大会。4人ずつのグループに分かれたラウンドロビン(総当たり戦)を行い、上位2名(ダブルスは2組)ずつが決勝トーナメントに進出する。

※[ ]数字はシード順位、Altは繰り上がり出場

決勝トーナメント|ダブルス

決勝

ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8] vs マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5]

準決勝

○ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8] 6-3 5-7 [10-5] ●フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア)[2]

○マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5] 6-3 4-6 [10-4] ●ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[4]

ラウンドロビン|ダブルス

グループ・ノウルズ/ネスター|最終順位

1位 ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス):2勝1敗(セット4-2、ゲーム34-23)
2位 マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ):2勝1敗(セット4-2、ゲーム30-31)
3位 ルーカシュ・クボト/マルセロ・メロ(ポーランド/ブラジル):1勝2敗(セット2-4、ゲーム28-35)
4位 オリバー・マラック/マテ・パビッチ(オーストリア/クロアチア):1勝2敗(セット2-4、ゲーム33-36)

■11月12日(月)

○オリバー・マラック/マテ・パビッチ(オーストリア/クロアチア)[1] 6-4 7-6(3) ●ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8]

●ルーカシュ・クボト/マルセロ・メロ(ポーランド/ブラジル)[3] 3-6 6-7(5) ○マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5]

■11月14日(水)

●オリバー・マラック/マテ・パビッチ(オーストリア/クロアチア)[1] 4-6 6-7(4) ○マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5]

●ルーカシュ・クボト/マルセロ・メロ(ポーランド/ブラジル)[3] 2-6 4-6 ○ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8]

■11月16日(金)

●オリバー・マラック/マテ・パビッチ(オーストリア/クロアチア)[1] 6-7(4) 4-6 ○ルーカシュ・クボト/マルセロ・メロ(ポーランド/ブラジル)[3]

●マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5] 2-6 2-6 ○ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8]

グループ・ロドラ/サントーロ|最終順位

1位 ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル):3勝0敗(セット6-2、ゲーム35-31)
2位 フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア):2勝1敗(セット4-2、ゲーム32-28)
3位 レイブン・クラーセン/マイケル・ビーナス(南アフリカ/ニュージーランド):1勝2敗(セット3-4、ゲーム35-37)
4位 ヘンリー・コンティネン/ジョン・ピアース(フィンランド/オーストラリア):0勝1敗(セット1-2、ゲーム12-11)

棄権 ニコラ・メクティッチ/アレクサンダー・ペヤ(クロアチア/オーストリア):0勝2敗(セット0-4、ゲーム19-26)

■11月11日(日)

○フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア)[2] 6-3 6-4 ●ニコラ・メクティッチ/アレクサンダー・ペヤ(クロアチア/オーストリア)[7]

○ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[4] 7-6(5) 4-6 [10-5] ●レイブン・クラーセン/マイケル・ビーナス(南アフリカ/ニュージーランド)[6]

■11月13日(火)

●フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア)[2] 4-6 3-6 ○ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[4]

○レイブン・クラーセン/マイケル・ビーナス(南アフリカ/ニュージーランド)[6] 7-6(5) 7-6(5) ●ニコラ・メクティッチ/アレクサンダー・ペヤ(クロアチア/オーストリア)[7]

■11月15日(木)

○フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア)[2] 6-3 7-6(5) ●レイブン・クラーセン/マイケル・ビーナス(南アフリカ/ニュージーランド)[6]

○ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[4] 3-6 7-6(3) [10-3] ●ヘンリー・コンティネン/ジョン・ピアース(フィンランド/オーストラリア)[9/Alt]

※写真はピエール ユーグ・エルベール(右)/ニコラ・マウ(ともにフランス)
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 17: Pierre-Hugues Herbert of France and Nicolas Mahut of France celebrates after winning their doubles semi final match against Juan Sebastián Cabal of Colombia and Robert Farah of Colombia during Day Seven of the Nitto ATP Finals at The O2 Arena on November 17, 2018 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.