トップ8によるエリート大会「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/賞金総額850万ドル/室内ハードコート)のダブルス決勝で、第5シードのマイク・ブライアン/ジャック・ソック(ともにアメリカ)が第8シードのピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(ともにフランス)を5-7 6-1 [13-11]で下して優勝を果たした。試合時間は1時間31分。

 ブライアン/ソックはラウンドロビン(総当たり戦)を2勝1敗のグループ2位で決勝トーナメントに進出し、準決勝では第4シードのジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)を6-3 4-6 [10-4]で破って最終日に駒を進めていた。エルベール/マウとはラウンドロビン第3戦で対戦し、2-6 2-6で敗れていた。

 今シーズンのブライアン/ソックは7大会でペアを組み、7月のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)と9月のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)でタイトルを獲得。ブライアンは双子の弟ボブ・ブライアン(アメリカ)以外のペアで出場したのは今回が初めてで、通算5度目の栄冠に輝いた。

 ATPファイナルズはATPツアー最終戦で、今季の成績上位8名(ダブルスは8組)のみで争われる大会。4人ずつのグループに分かれたラウンドロビンを行い、上位2名(ダブルスは2組)ずつが決勝トーナメントに進出する。

※[ ]数字はシード順位、Altは繰り上がり出場

決勝トーナメント|ダブルス

決勝

○マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5] 5-7 6-1 [13-11] ●ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8]

準決勝

○ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8] 6-3 5-7 [10-5] ●フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア)[2]

○マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5] 6-3 4-6 [10-4] ●ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[4]

ラウンドロビン|ダブルス

グループ・ノウルズ/ネスター|最終順位

1位 ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス):2勝1敗(セット4-2、ゲーム34-23)
2位 マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ):2勝1敗(セット4-2、ゲーム30-31)
3位 ルーカシュ・クボト/マルセロ・メロ(ポーランド/ブラジル):1勝2敗(セット2-4、ゲーム28-35)
4位 オリバー・マラック/マテ・パビッチ(オーストリア/クロアチア):1勝2敗(セット2-4、ゲーム33-36)

■11月12日(月)

○オリバー・マラック/マテ・パビッチ(オーストリア/クロアチア)[1] 6-4 7-6(3) ●ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8]

●ルーカシュ・クボト/マルセロ・メロ(ポーランド/ブラジル)[3] 3-6 6-7(5) ○マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5]

■11月14日(水)

●オリバー・マラック/マテ・パビッチ(オーストリア/クロアチア)[1] 4-6 6-7(4) ○マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5]

●ルーカシュ・クボト/マルセロ・メロ(ポーランド/ブラジル)[3] 2-6 4-6 ○ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8]

■11月16日(金)

●オリバー・マラック/マテ・パビッチ(オーストリア/クロアチア)[1] 6-7(4) 4-6 ○ルーカシュ・クボト/マルセロ・メロ(ポーランド/ブラジル)[3]

●マイク・ブライアン/ジャック・ソック(アメリカ)[5] 2-6 2-6 ○ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)[8]

グループ・ロドラ/サントーロ|最終順位

1位 ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル):3勝0敗(セット6-2、ゲーム35-31)
2位 フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア):2勝1敗(セット4-2、ゲーム32-28)
3位 レイブン・クラーセン/マイケル・ビーナス(南アフリカ/ニュージーランド):1勝2敗(セット3-4、ゲーム35-37)
4位 ヘンリー・コンティネン/ジョン・ピアース(フィンランド/オーストラリア):0勝1敗(セット1-2、ゲーム12-11)

棄権 ニコラ・メクティッチ/アレクサンダー・ペヤ(クロアチア/オーストリア):0勝2敗(セット0-4、ゲーム19-26)

■11月11日(日)

○フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア)[2] 6-3 6-4 ●ニコラ・メクティッチ/アレクサンダー・ペヤ(クロアチア/オーストリア)[7]

○ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[4] 7-6(5) 4-6 [10-5] ●レイブン・クラーセン/マイケル・ビーナス(南アフリカ/ニュージーランド)[6]

■11月13日(火)

●フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア)[2] 4-6 3-6 ○ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[4]

○レイブン・クラーセン/マイケル・ビーナス(南アフリカ/ニュージーランド)[6] 7-6(5) 7-6(5) ●ニコラ・メクティッチ/アレクサンダー・ペヤ(クロアチア/オーストリア)[7]

■11月15日(木)

○フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ(コロンビア)[2] 6-3 7-6(5) ●レイブン・クラーセン/マイケル・ビーナス(南アフリカ/ニュージーランド)[6]

○ジェイミー・マレー/ブルーノ・ソアレス(イギリス/ブラジル)[4] 3-6 7-6(3) [10-3] ●ヘンリー・コンティネン/ジョン・ピアース(フィンランド/オーストラリア)[9/Alt]

※写真はダブルス優勝のマイク・ブライアン(右)/ジャック・ソック(アメリカ)
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 18: Jack Sock and Mike Bryan of The United States lift the trophy following victory following thier doubles final against Pierre-Hugues Herbert and Nicolas Mahut of France during Day Eight of the Nitto ATP Finals at The O2 Arena on November 18, 2018 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.