ITF(国際テニス連盟)の女子1.5万ドル大会「GD TENNIS CUP」(トルコ・アンタルヤ/11月12~18日/クレーコート)のシングルス決勝で、第7シードの佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)が第1シードのオアナ ゲオルギータ・シミオン(ルーマニア)との接戦を3-6 6-4 7-6(3)で制し、優勝を果たした。試合時間は2時間34分。

 17歳の佐藤がITF女子サーキットのシングルスでタイトルを獲得したのは、今回が初となる。

 今大会での佐藤は、1回戦でイライ・ヨリュク(トルコ)を2-6 6-4 6-1で、2回戦でラッキールーザーのガブリエラ ニコール・タタラス(ルーマニア)を6-1 7-6(6)で、準々決勝では第4シードのアイオナ・ガスパール(ルーマニア)を6-0 7-5で破り、準決勝は同じ17歳のカミラ・ラヒモワ(ロシア)の棄権による不戦勝で決勝進出を決めていた。

 リサ・ポノマー(ドイツ)とのペアでダブルスにも出場した佐藤は第4シードから勝ち上がり、決勝で第1シードのガスパール/シミオンを6-4 6-2で下して単複2冠を達成した。

 ダブルス決勝は第1セット終了後に中断し、月曜日に再開されていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、LLはラッキールーザー

日本人選手の結果

シングルス決勝

○17佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[7] 3-6 6-4 7-6(3) ●1オアナ ゲオルギータ・シミオン(ルーマニア)[1]

シングルス準決勝

○17佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[7] 不戦勝 ●26カミラ・ラヒモワ(ロシア)

シングルス準々決勝

○17佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[7] 6-0 7-5 ●24アイオナ・ガスパール(ルーマニア)[4]

シングルス2回戦

○17佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[7] 6-1 7-6(6) ●20ガブリエラ ニコール・タタラス(ルーマニア)[LL]

●7細木咲良(原商)3-6 4-6 ○5ソフィア・ドミトリエワ(ロシア)

シングルス1回戦

○17佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[7] 2-6 6-4 6-1 ●18イライ・ヨリュク(トルコ)

○7細木咲良(原商)6-4 6-3 ●8エカテリーナ・マカロワ(ロシア)[8]

ダブルス決勝

○12リサ・ポノマー/佐藤南帆(ドイツ/有明ジュニアテニスアカデミー)[4] 6-4 6-2 ●1アイオナ・ガスパール/オアナ ゲオルギータ・シミオン(ルーマニア)[1]

ダブルス準決勝

○12リサ・ポノマー/佐藤南帆(ドイツ/有明ジュニアテニスアカデミー)[4] 6-3 6-1 ●15アンジェリカ・イサエバ/ビタリア・スタマト(ロシア/モルドバ)

ダブルス準々決勝

○12リサ・ポノマー/佐藤南帆(ドイツ/有明ジュニアテニスアカデミー)[4] 6-4 4-6 [10-8] ●10ティナ・ツベトコビッチ/アンヤ・ガル(スロベニア)

ダブルス1回戦

○12リサ・ポノマー/佐藤南帆(ドイツ/有明ジュニアテニスアカデミー)[4] 6-3 6-4 ●11エリナ・アバネシヤン/ソフィア・ドミトリエワ(ロシア)

※写真はフレンチ・オープン・ジュニアでの佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)
撮影◎毛受亮介

This article is a sponsored article by
''.