男子テニスの世界国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ決勝「フランス対クロアチア」(11月23~25日/フランス・リール/室内クレーコート)の初日が終了し、アウェーのクロアチアがシングルス2勝を挙げて2度目の優勝に王手をかけた。

 第1試合はボルナ・チョリッチ(クロアチア)がジェレミー・シャルディ(フランス)を6-2 7-5 6-4で破り、第2試合ではマリン・チリッチ(クロアチア)がジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を6-3 7-5 6-4で下した。

 2日目のダブルスはピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ(フランス)がイバン・ドディグ/マテ・パビッチ(クロアチア)と対戦し、3日目は対戦相手を入れ替えたシングルス2試合が行われる予定となっている。ただし、出場選手はデ杯ルールに基づき変更される可能性がある。

 昨年の決勝でベルギーを3勝2敗で破ったフランスは、2年連続11回目のタイトルをかけて決勝に臨んでいる。2年ぶり3度目の決勝進出となるクロアチアは、2005年以来の優勝を目指している。

※文中の世界ランクは11月19日付

ワールドグループ決勝 フランス 0-2 クロアチア

第1日 11月23日(金)

シングルス第1試合 ●ジェレミー・シャルディ(単40位)2-6 5-7 4-6 ○ボルナ・チョリッチ(単12位)

シングルス第2試合 ●ジョーウィルフリード・ツォンガ(単259位)3-6 5-7 4-6 ○マリン・チリッチ(単7位)

第2日 11月24日(土)

ダブルス ピエール ユーグ・エルベール(複12位)/ニコラ・マウ(複11位)vs イバン・ドディグ(複35位)/マテ・パビッチ(複4位)

第3日 11月25日(日)

シングルス第1試合 ジェレミー・シャルディ(単40位)vs マリン・チリッチ(単7位)

シングルス第2試合 ジョーウィルフリード・ツォンガ(単259位)vs ボルナ・チョリッチ(単12位)

※デビスカップルールにより、第3日目は1試合のみとなる可能性あり

※写真はマリン・チリッチ(クロアチア)
Marin Cilic of Croatia during Day 1 of the Davis Cup Final at Stade Pierre Mauroy on November 23, 2018 in Lille, France. (Photo by Dave Winter/Icon Sport via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.