明日より「アジア ジュニア グラスコート チャンピオンシップ in 佐賀 2018 」が始まります。

 各国からU14の選手たちが、次々にエントリーをして、芝生の上で悪戦苦闘しながら、調整をしています。英語はもちろん、中国語や韓国語も飛び交う中、日本の選手たちも身振り手振りを交えて一緒に練習をしている姿が印象的です。

 普段はプレーしないグラスコート。普段は使うことのない言語やコミュニケーション。私はこの大会で選手たちには、イレギュラーや不規則なバウンドに悩まされるコートの上だけでなく、ほかのことでも、普段は経験することができない『不自由さ』を経験してもらいたいと思います。

画像1: 「アジア ジュニア グラスコート テニスチャンピオンシップ in 佐賀 2018」が始まります!
画像2: 「アジア ジュニア グラスコート テニスチャンピオンシップ in 佐賀 2018」が始まります!

 自分の思った通りにならない環境の中で、たくさんチャレンジして失敗して、その中で自分で考えて進むことを覚えてほしいと思っています。

 本日、中国の選手たちが帰りのシャトルバスに乗り遅れました。スタッフが、ホテルまで4kmある中、重いバッグを担いでいくことを心配し、車で送るように申し出たのですが…リーダーの男子選手が、不思議そうな顔で、ひと言。「大丈夫。一時間もせずに着くよ」とのセリフとともに重いトーナメントバッグを担いで、飄々と歩いて、コートを後にしました。

 こんな逞しさを日本の子供たちも、いろんなところで失敗しながら、どこかで育んでくれたらいいな…と思います。

画像3: 「アジア ジュニア グラスコート テニスチャンピオンシップ in 佐賀 2018」が始まります!

This article is a sponsored article by
''.