「平成30年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第55回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月28日~12月2日/室内ハードコート)の本戦4日目は、男女シングルス準決勝と男女ダブルス決勝が行われた。

 シングルスは、男子が第2シードの島袋将(早稲田大学3年)と第4シードの今村昌倫(慶應義塾大学2年)、女子は第1シードの松田美咲(亜細亜大学2年)と第2シードの清水映里(早稲田大学2年)が決勝進出を決めた。

 早稲田大学同士の対戦となった男子ダブルス決勝は第3シードの田中優之介(2年)/木元風哉(2年)が坂井勇仁(4年)/千頭昇平(2年)を6-2 6-7(6) [11-9]で、女子ダブルス決勝は第1シードの中沢夏帆/高橋玲奈(亜細亜大学4年/4年)が大野菜々子/越野菜摘(関西大学2年/3年)を6-2 3-6 [11-9]で下してタイトルを獲得。田中は坂井とのコンビで優勝した昨年に続き、ダブルス2連覇を達成した。

 全日本学生室内テニス選手権は男女ともシングルス32ドロー、ダブルス16ドローのトーナメント方式で争われる。試合はすべてトーナメント方式で、シングルスはベストオブ3タイブレークセットマッチ、ダブルスはファイナル10ポイントマッチタイブレークで行われる。

 大会最終日の12月2日(日)は11時00分から、男女シングルスの決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

男子シングルス準決勝

○9今村昌倫(慶應義塾大学2年)[4] 6-7(4) 7-6(4) 7-5 ●1羽澤慎治(慶應義塾大学1年)[1]

○32島袋将(早稲田大学3年)[2] 6-1 7-6(5) ●24田中優之介(早稲田大学2年)[3]

女子シングルス準決勝

○1松田美咲(亜細亜大学2年)[1] 7-5 6-4 ●10今村凪沙(鹿屋体育大学2年)

○32清水映里(早稲田大学2年)[2] 6-2 6-2 ●18松本安莉(山梨学院大学3年)[Q]

男子ダブルス決勝

○5田中優之介/木元風哉(早稲田大学2年/2年)[3] 6-2 6-7(6) [11-9] ●9坂井勇仁/千頭昇平(早稲田大学4年/2年)

女子ダブルス決勝

○1中沢夏帆/高橋玲奈(亜細亜大学4年/4年)[1] 6-2 3-6 [11-9] ●9大野菜々子/越野菜摘(関西大学2年/3年)

※写真は左から女子ダブルス優勝の高橋玲奈(亜細亜大学4年)、中沢夏帆(亜細亜大学4年)、男子ダブルス優勝の田中優之介(早稲田大学2年)、木元風哉(早稲田大学2年)
撮影◎BBM

This article is a sponsored article by
''.