「平成30年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第55回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月28日~12月2日/室内ハードコート)の本戦3日目は、男女シングルス準々決勝と男女ダブルス準決勝が行われた。

 予選を勝ち上がった松本安莉(山学大3年)が第3シードの小池颯紀(園田女大3年)を6-2 6-3のストレートで下してベスト4進出。「どの試合もチャレンジャー。向かっていく気持ちで戦うことができた」と笑顔を見せた。

 左太ももに施されたテーピングが痛々しいが、コートを走り回り、粘り強く戦った。「ただ打つだけでなく、緩急を意識して」ボールをコントロール。小池を揺さぶり、ミスを引き出すことに成功した。

画像: 試合後の握手を交わす松本(左)と小池

試合後の握手を交わす松本(左)と小池

 今村凪沙(鹿屋体大2年)はノーシードから4強入りを決めた。第5シードの小松莉奈(東洋学園大4年)に6-1 7-6(1)。小松には昨年の1回戦でも勝っており、「しっかりと打ち込んでいくことができた」と勝因を語った。

 昨年のベスト8を上回る成績だが、「ドローを見たときからベスト4までいきたいと思っていた」と今村。「ケガであまり練習ができていないけれど、その分、リラックスして臨めている」と苦笑した。

画像: 勝利を決めてガッツポーズの今村

勝利を決めてガッツポーズの今村

 その今村と明日の準決勝で対戦するのが、第1シードの松田美咲(亜大2年)だ。1回戦は6-1 6-1、2回戦は6-1 6-0のスコアだったが、この日も向井マリア(慶大3年)を相手に6-1 6-1の完勝だった。

「スコアほど調子はよくないです」と松田。それでも今月の全日本選手権でプロを次々に倒して4強進出を果たしたことで、「落ち着いて自信を持って戦えるようになった」と言う。全日本の直後にはタイのITF1.5万ドル大会に出場して準V。一段とパワーアップして優勝を狙う。

画像: 圧倒的な強さで4強進出の松田

圧倒的な強さで4強進出の松田

 ベスト4の最後の枠に飛び込んだのは第2シードの清水映里(早大2年)だった。第8シードの末野聡子(慶大1年)に6-3 7-5のストレート勝利。「攻めるところ、我慢するところ、しっかりとメリハリをつけて戦うことができた」と口にした。

 夏のインカレは第1シードながら初戦負け。「悔しい思いをした分、ここで勝ちたい」と清水。第2セットではセットポイントをつかまれたが、落ち着いて挽回し、ストレート勝利につなげた。

画像: 2連覇を狙う清水もストレート勝利で4強へ

2連覇を狙う清水もストレート勝利で4強へ

 明日の準決勝は、松田と今村、清水と松本のカードとなった。松本以外の3人はレフティーで、いずれも2年生だ。ダブルス決勝は第1シードの中沢夏帆/高橋玲奈(亜大4年/4年)とノーシードから勝ち上がった大野奈々子/越野菜摘(関大2年/3年)が対戦する。

(編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、予選からベスト4進出を決めた松本安莉(山学大3年)

This article is a sponsored article by
''.