オーストラリアは、来年の2月1日から2日にかけて行われる新生デビスカップ(ファイナルズ予選)のボスニア・ヘルツェゴビナ戦を、アデレードのメモリアル・ドライブのハードコートで開催することになった。

 ファイナルズに進む12席を巡って対決するこの2チームは、今回が初対戦となる。勝者は、11月18日から24日にスペイン・マドリッドで行われるファイナルズに駒を進める。

 18チームで争われるファイナルズには、すでに今年の準決勝進出国のクロアチア、スペイン、アメリカの4ヵ国に加え、過去の好成績からアルゼンチンとイギリスがワイルドカード(主催者推薦枠)で出場を決めている。

 今年の大会では、準決勝でフランスがスペインを、クロアチアはアメリカを破り、先週行われた今年の決勝でクロアチアがフランスを3勝1敗で倒して13年ぶり2度目の優勝を果たしていた。

 テニス・オーストラリア(豪州テニス協会)は木曜日、この対戦はベスト・オブ3セットマッチで最大5試合が2日間の日程で行われると発表した。新生デビスカップでは、金曜日にシングルス2試合、土曜日にダブルス1試合と相手を入れ替えたシングルス2試合という形式となる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はワールドグループ1回戦のドイツ戦でのオーストラリア代表チーム(左からアレックス・デミノー、マシュー・エブデン、ジョン・ミルマン、ジョン・ピアース、ニック・キリオス、レイトン・ヒューイット監督)
BRISBANE, AUSTRALIA - FEBRUARY 01: The Australian Davis Cup team pose for a photo during the official draw ahead of the Davis Cup World Group First Round tie between Australia and Germany at Riverlife on February 1, 2018 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.